読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

info

f:id:kengobonbei:20170321203531j:image

 

昨日はとあるセミナーに行ってまいりました。

 

講師の先生のしゃべりがとにかくすごい!

講師の方の主張を要約すると

 

情報は大事だ!

 

ということだけだと思うのですが…

 

すごかった。

1時間以上の講演が、ロックバンドのライブのようで、飽きる暇がない。

 

ドッカンドッカン笑いも起こる。

 

とにかく、情報が大事だという体験を、その場で参加者にさせてしまうのですんですよね。

 

例えば、

 

最初のペリー来航で日本人は船の中に入れなかった。

しかし、その5年後黒船よりも大きな船を作り上げる。

 

そんな日本人だからこそ、日露戦争まで破竹の勢いで世界に存在感を示すようになる。

ここまでは、陸と海が主戦場だからだ。

しかし、ライト兄弟が飛行機を発明してからは、本場アメリカに追いつけず、日本は第二次世界大戦で惨敗する。

 

テクノロジーを味方につけたものが勝利する。

 

ちなみに地球上にキリスト教の信者は何人いると思ってるの?35億。

正確には違うけど、ブルゾンちえみに寄せたの。後でWikipediaで調べて違うじゃん。っていうクレームはNO!

 

とにかく、これだけキリスト教が広まったのは活版印刷の技術をいち早く取り入れて、聖書を大量生産したからだと思うんです。内容云々よりも。

 

ちなみにブルゾンちえみのBGMは、オースティンマホーンのダーティワークという曲。

ブルゾンちえみのネタに使われ、日本での認知度が上がり、人気を獲得し今度来日する。

オースティンマホーンからブルゾンちえみへ、直接Twitterで感謝のコメントが来た。

 

 

昔だったらブルゾンちえみのネタをテレビで見て、BGMが気になったら、洋楽に詳しい人やCDショップで視聴したり、店員に聞いたりしなければいけなかった。

 

今はインターネットで簡単に情報を得られるが、情報を深めようとするかどうかは、その人による。

 

ただ、ブルゾンちえみのネタを面白いよね。

というのと、そのBGMについて知っているかどうかでは、相手に与えられる感動が違う。

 

感動する体験は人が価値を感じることだ。対価を払ってでも感動する体験を得たいと思う。だからビジネスになる。

多方面の情報を多量に収集し、情報を結びつけたり、深めたりして、感動の体験を生み出すことが、イノベーションにつながっていく。

 

だからこそ、あらゆる分野の情報を収集していく必要がある。

 

 

 

というような感じ。

うーむ、テキストにすると空気感伝わりませんね。まあ、完全に書き起こしているわけではないので、かなり淡白に内容だけを書いています。

もっとすごいんだけどな。

 

これは、ごくごく一部で、この10倍近くの情報量と面白さで、テンポよくリズミカルに語られます。

 

とにかく圧倒されます。しゃべりのスキルは本当に大事だ。自分に足りないところ。

 

でも、それ以上に、まだまだ自分が触れる情報量は少ないと感じた。多くの情報を収集するのと同時にアウトプットもガンガン行わなければ!わ