小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

船出

f:id:kengobonbei:20170331202025j:image

 

本日、初任校最後の勤務が終了しました。

 

不思議な感じ。

 

みなさんへ向けてのスピーチはまあ微妙でしたけど(笑)

 

理科支援員、臨任時代合わせて、9年間。

 

出会った先生方、そして子どもたち。

 

すべての出来事が愛しくてしょうがない。

 

本当にありがとうございました。

 

みなさんとの出会いを無駄にしません。

 

次の学校で、意識することは基本的に1つ。

 

それは、

 

他者を大切にすること

 

振り返ると、初任校では自分のことばかり考えていた。

 

明日の授業どうしよう?

職員会議の提案資料どうしよう。

クラスの子どもとうまくいかない。

あの先生とうまくいかない。

 

そして、

 

どうやったら周囲に

認めてもらえるだろう

 

ということ。

 

そんなことばかり考えていた。

 

少しでも、認めてくれないと感じれば、分かってくれない!と怒った。

 

 

日本3.0 2020年の人生戦略

日本3.0 2020年の人生戦略

 

 この本によると、

現代では無私になることがとても難しくなっており、自己愛がもっとも肥大化した時代としています。

その根拠として、TwitterFacebookなどのSNSにおける投稿について言及しています。

猫も杓子も自分のことについて語っています。しかも中身は他人にとってどうでもいい話ばかりです。普通の自分と、なんだか充実していそうなSNS上の自分。現代人とは、もっとも実態と自己評価が乖離した人たちなのです。

 

めちゃくちゃ同感。

 

今の日本人は自尊心は強いけれども、自分に自信はないという、なんともアンビバレントな状況に置かれている人が増えています。ただし、多くの人は自己愛は強いものの、他人の自己愛には不寛容です。

 

あ、これ私です。

認められないと怒る。

なんていうのは、自尊心はいっちょまえで、自分に自信がない証拠。

 

 

だいたい、周囲に認められようとする前に

 

周りの人たちのことを理解しようとしていただろうか。

周りの人が何を望んでいるのか、本当に分かっていたんだろうか。

 

そこに目を向けずに、認められようしても自分も周りも苦しくなるだけだ。

 

そもそも

周りの人たちの幸せを願えていただろうか。

 

他者の喜びを本当に自分のことのように喜べていたのだろうか。

 

周囲に認められて成し遂げたかったことはなんなんだろう。

 

様々な疑問が浮かぶ。

 

やはり私の成長戦略は

 

①自分探し(何を成したいのか)

②他者を大事に(喜びのシェア)

③共感を得る(仲間の獲得)

 

次の学校では、何より②を意識!

 

周囲ともっともっと、

喜びをシェアできるようになりたい。その結果自分を応援してくれる仲間が出来れば最高だ。