小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

アサーションの実践

アサーションについてはこちらをご参照ください。

 アサーション - 小学校の先生を120%楽しむ毎日

 

さて、タイトルの「アサーションの実践」

について、先に結論を述べます。

 

 

アサーションを実践できてるかどうかは、検証できない。

 

しかし、

 

アサーションを意識すると、いかに自分の思いと向き合ってこなかったかに気が付ける。

 

 これが現時点での私の見解です。

 

そもそもアサーションではまず、以下のプロセスが必要です。

 

①自分の思いを確かめる。

②事実や状況を共有する。

③提案は具体的に述べる。

 

まず、この①が最難関!

そして、大前提として、以上の3ステップを済ました後

 

相手の反応を受け止めようとする姿勢

 

が求められます。

 

 

まず、冒頭でも述べた①が難関。

自分の本当の思いって、考え出すと分からなくなるのです。

 

例えば昨日は、勤務校の重点研究の指導案検討がありました。

教師が顔色を伺って発言する場面です。

 

指導案が微妙だと感じたとき、みなさんはどうしますか?

 

まずどうやったら丸く収まるか。相手の気分を害さずに、代替案を伝えられるかを考えませんかね?

 

コミュニケーション能力が高いと言われる人ほど、そこら辺のシナリオを描くのが上手いのでしょう。

そして、表情や声音もフル活用し、上手に自分の提案を通していくのでしょう。

 

そもそも、指導案が微妙と感じたとき、自分はどんな思いをもっているのだろうか。

 

昨日はここを考えて見たのです。

 

①微妙な点を指摘し、自分の方が優れているとアピールしたいのか。

 

②それとも、こんな指導案をもってきても困るわ!という怒りを一番に伝えたいのか。

 

③純粋に、よりよい研究授業にしていくため、改善案を伝えたいのか。

 

 

おそらく、私の場合、これらが全てごちゃ混ぜになっている状態なのかな、と。

 

しかし、この中でも一番重視したいのは、③でした。

 

だから、事実や状況を確認し、その上で、具体的に代替案を提案しようと努めました。

 

指導案検討における、事実や状況とは、こうすべき!という研究主題や、教科特性について。

 

あくまで自分の趣味嗜好ではなく、現段階で指針となるものを確認した上で、具体的に学習展開を提案してみました。

 

 

結論から言うと、通りました!

 

そんなに気分を害してもおられない様子。

 

良かった。ほっ。

 

 

しかし、ここでまた気づきます。

 

「相手の反応を受け止めようとする態度が出来上がってない!」

 

と。

 

 

仮に相手が怒っても、それは仕方ないよね。

受け止めるしかない。

 

という覚悟がまだないことに気がつきました。

 

 

まあ、結果オーライでしたが、以上のことは全て私の気持ち1つと言えることなので、アサーションができたのかどうか計り知れない。

 

そんな風に感じました。

 

また、自分の思いがどうなのか、本当はどうしたいのかを相手とのやりとりでいかに考えてこなかったのか、それを本当に体感できました。

 

それだけでも、大収穫。

 

主体性を育てる訓練にもなるのではないかと、思えたほどでした。

 

相手とのコミュニケーションの中で、絶えず自分の思いを確認しながら、自分の思いを伝える。

 

その結果として、表れた相手の反応も受け止める。

 

なかなか過酷な作業です。

その作業から逃げてたんだなあ。