小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

内向型?外向型?

この本を読んだ。

 

 

 

内向型を強みにする

内向型を強みにする

 

 

内向型の人のもっとも顕著な特徴は 、そのエネルギ ー源である 。内向型の人は 、アイデア 、感情 、印象といった自身のなかの世界からエネルギ ーを得ている 。彼らは 、エネルギ ーの保有者だ 。外の世界からの刺激に弱く 、すぐに 「もう手一杯 」という気持ちになる 。これは 、イライラ 、あるいは 、麻痺に似た感覚かもしれない 。

 

 

まさしく自分にあてはまる。

 

いずれにせよ 、彼らは自分が消耗しないために 、世間とのつきあいを制限しなくてはならない 。その一方 、外での時間を設けて 、ひとりの時間とのバランスをとる必要もある 。さもないと 、ものの見方はかたより 、人とのつながりは失われてしまうだろう 。エネルギ ー量をバランスよく維持している内向型人間には 、忍耐力 、自由な発想 、深い集中力 、創造性がある 。

 

なるほど。やはり自分のペースで外での時間を設けるべきなのね。

自分は外に出ると、疲れやすいから体力がないんだと思い込んで、予定を詰め込んで克服しようとしたことがある。

しかしこれは全然ダメで、とにかくイライラするばかりであった。

だから、部活のような刺激の宝庫のようなところに毎日赴くのは本当に辛いものがあった。

 

つまり、内向型の気質を治そうとして色んな経験をさせようとするのは、あまりにも安直な考えであるし、全くの無駄な努力という可能性がある。

 

内向型の気質の持ち主は、エネルギー量をバランスよく維持することに注意を払い、パフォーマンスを最大限に引き上げることを考えていくべきだと感じた。

つまりは、刺激の少ない1人の時間を意図的に確保することだ。