小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

人との出会い【自分用メモ】

本日はふたせんさん主催のDAFL 。

発表者ではない参加は初めて。

 

実に面白いなあ。

発表者でなくても、自分の価値観に揺さぶりがかけられていることを実感できる。

 

行動改革が先で、意識改革は後。

 

と、開き直っていたところに、待ったをかけてもらった。

行動改革を子どもに強いる時の、リスクも忘れてはならない。

 

そんなことを再確認できた。

 

また、参加者からの指摘に対し、発表者が、言い返した場面があった。

 

私は、その場面を見て、なるほどああいう風にしっかり自分の考えを諦めずに伝えればいいのか、と思った。

 

しかし、ある参加者からすると、「言い返すのは損」らしい。

 

うーむ。言い返すって別に、ムキになって相手の考えを否定したのではなくて、補足説明をしていただけだと思ったけどなあ。

 

人の見え方って様々だ。

それを実感できる会だった。

 

会の後、ハピペンさんそれでも幸せな人はいるから

 と、昼食をとった。

 

私が昼食に誘ったのは、単純にもっとハピペンさんと話がしたいということと、もしかしたら自分にGIVEできることがあるかもしれないと思ったからだ。

 

しかし、実際には私の方が様々な知識をいただき、自分の人との関わりについて、新たな視点も得た。

つまり、たくさんGIVEしていただいた。

 

最近よく思うのは、いかに自分がGIVEされているかである。自分がGIVEしようとすると、そこに気が付ける。

 

そして、つくづく自分は出会う人に恵まれている。

 まるで、あつらえられたかのように、自分が成長を求めている時、成長に必要な方が現れる。

 

実に都合のいい思い込みだが、本当にいつも、ドンピシャで、成長を求めている時に、自分の成長に必要な方が現れるのだからしょうがない。

 

ハピペンさんもそんな1人だ。

 

ふたせんさんも、今の職場の方達も。

子どもたちも。保護者の方々も。

 

私は運が良いのだ。

 

そして、私の最大の強みは、自分が運が良いと思い込めるところかもしれない。