小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

明日が終わったら夏休み!

こんな学級通信を出します。

 

あっという間に夏休みになってしまった。
みんなはこの4ヶ月近くをどんな思いで過ごして来たのだろう。

全員に思いを語ってもらいたいところだけど、ここでは一方的に先生の感想を語るしかないので、そうする。

最初の2ヶ月はとにかく夢中だった。
集団生活していく上で何を徹底すべきか、どう伝えるか、どのようにして、学校生活に価値を見出していくか、必死で考えた。

次の2ヶ月は、5年3組の一人一人が何に怒り、喜びを感じるのか、じっくり見て来たつもりだ。それでもみんなのことは、おそらくほんの数%も分かっていない。
〇〇は思いやりがあって、〇〇はやんちゃで、〇〇はマイペースで、なんて、人のことはそんな簡単に語れるもんじゃないだろう。
先生がとらえているみんなの姿なんて、みんなの人柄を構成するごくごく一部分に過ぎないと思っている。もっといえば、みんなは日々変わっている。しかも、その変化のスピードは凄まじいのだ。

4月からみて、5年3組に大きな変化が3つあった。
①人の話を聞けるようになった。
②自分からやるべきことを見つけ、行動することができるようになった。
③新たなことに、チャレンジできるようになってきた。

もし、「自分は4月から全く変わってないし」という人がいたら、それはもう一度自分自身を振り返るべきだ。
みんなの心情は知る由もないが、少なくとも、行動に関しては全員変わっているよ。

「自分はどうせこんなやつだし…」とか、「今の自分でいいし…」と、なかば投げやりになって、自分の可能性に勝手に見切りをつけている人がいたら鼻で笑ってやる。

全ては、ここからだ。
みんなの今後が楽しみでしょうがない。

だから、早く夏休みがあけてほしい。早くみんなと授業したい。今はそんな気持ちでいる。
これはつまり、みんなのことがこの4ヶ月で大好きになったということだ。

 

 

そう、夏休みがあまり嬉しくない。

もっと授業がしたい。

 

そう思えることが嬉しい。