小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

映画館デビュー

今日は家族でアンパンマンの映画を観に行った。

 

 

いやー、退屈しない!

 

やっぱり子ども向けだけあって飽きさせないように考えてるなあ。

 

冒頭は、アンパンマンのキャラクターが歌ったり踊ったりの音楽で始まり、ノリノリな感じ。

 

次に映画限定キャラ(以下ブルブル)が登場。

 

一同(バイキンマンドキンちゃん含む)宝を目指して旅たつ。

 

旅先で一同バラバラに。

 

以降はカレーパンマンとブルブルがメインで物語は進む。

 

なにをするにも臆病なブルブル。

 

それをカレーパンマン

 

「しょうがねえなあ」といった感じでフォローしまくり。成長フラグ立ちまくり。

 

冒険の途中、ブルブルはカレーパンマンに問いかけます。

カレーパンマンは怖くないの?」

 

カレーパンマンは、

「うーん、怖いけど、とりあえずチャレンジしないと、前に進まないもんな」

 

こんなことを言ったはず。

 

 

その後、ブルブルはチャレンジしてみるも失敗。

カレーパンマン

「一度くらい失敗したからってなんだっていうんだよ。俺なんか何回失敗したか、分かんないぜ」

 

なんて慰めるも、泣いて駆け出し、カレーパンマンとはぐれる。

大蛇と遭遇し、ピンチをアンパンマンに救われる。

 

そこでも、ブルブルは問いかけます

アンパンマンは、怖くないの?」

 

アンパンマンは優しく答えます。

「僕だって怖いことはあるよ。でも、みんなのことを思い出すと、なんだか力が湧いてくるんだ。」

 

バイキンマンが現れ、アンパンマンを吹き飛ばす。カレーパンマンを人質にとり、ブルブルに日の入りまでに宝の鍵を持ってこい!

と言います。

 

途中で諦めそうになるも、鍵を手に入れ、再びバイキンマンと対峙するブルブル。

 

アンパンマンファミリー?が力を合わせ、バイキンマンをやっつける。

 

その後、宝箱をあけますが、そこには地図と帽子が。

ブルブルの本当の旅が始まる。

 

 

そんな感じです。

 

 

なんだか、ヒーローがヒーローでいる理由が分かるような映画でした。

 

諦めずにチャレンジし続けること

ギバーであり続けること

 

 

製作者側の大人へのエールを感じました。

 

 

子どもとポップコーンを食べながら映画を観ることができるようになったのも、感慨深いものがありましたが、何より普通に描い映画を楽しめたのが良かった。

 

子どもも大人も楽しめる、そんな映画にするのは大変だったでしょう。

 

製作者のみなさん、ありがとうございました!(いや、だれ?)

 

とにかく、カレーパンマンめっちゃ好きになりました!

 

超魅力的なキャラ!

サバサバしてて、前向きで、ちょっと雑でおっちょこちょい。

 

アンパンマンって、人間味がなさすぎて…(まあ、人外ですが)

なんか、悟りを開いた感があって、感情移入できない。

 

先生も同じかも。

不完全でかっこ悪いところがあるから、格好良さが際立つ。

何より、同じ人として共感できなきゃね。