小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

今の位置

子どもの主体性を引き出したい。

 

その手立てとして、授業を子どもたちが進行するようにしている。

 

しかし、それがそもそも主体性を引き出すために必要なことなのか。

何をもってして、主体性を引き出したことになるのか、そこを知りたい。

だから、子どもの具体的な姿を記録し主体性のとらえを明確にしていく。

 

なぜ、主体性にこだわるかというと

教師が子どもにGIVEできる最大のものは主体性だと思うから。

より良い人生を歩むのに主体性は必要だと感じているからだ。様々な本を読み、今後の世の中の変化を知れば、知るほどそう感じたからだ。

 

なぜ、GIVEすることにこだわるかというと、

主体性を勘違いし、1人だけで突っ走って、周りを巻き込んで自分の思うのように変えてきた。

でもそれだけでは、つまらないことに気づいた。

やりたいことを実現できてもつまらない。

やはり周りと喜びをシェアし、自分の思い描くより良いビジョンに共感してくれる人をもっと増やしたい。

 

そのために、GIVEしたい。

 

まずは、子どもに。

そして、自分の取り組みに共感してくれた職場の仲間に子どもが授業を進行する実践をGIVEしたい。

 

そうすることで、学校は変わる。みんながもっと楽しい毎日を過ごせるようになる!

それを信じて疑わないようになりたい。

 

だから、

主体性とは何か、もっと深く理解したい。

そして、自分の取り組みが主体性を引き出しているか、考えていきたい。

 

主体性を発揮して生きることこそこれからの世の中では、楽しく生きるために必要だと思うから。子どもたちにシ主体性を発揮できるようになってほしい。