小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

ギバーのメンタル

人に与えようとするメンタリティを保てているときは、非常に心が穏やかである。それは、つまり、心に余裕があるからこそ、与えようという発想も生まれ、その結果さらに心の充実を感じ心が穏やかになるという、正のスパイラル。

逆に、自分のことでいっぱいいっぱいで心が穏やかでない時、人に与えようという発想はなかなかうまれない。

 

今日はこの辺のギバーのメンタルについて、本から情報を仕入れたい。

 

私のような急造ギバーではなく、本物のギバーたちは、逆境の中でも与えようとするのだろうか。

 

・・・私の身の回りを見る限り、

「この人ギバーだな」

と思う人は、自分が辛い時でも相手を優先する。

例えば、自分のクラスがうまくいっていない時や、忙しい時も話を丁寧に聞いてくれたり。

 

なんだか、私はそういう人をみると、大丈夫かな。無理しすぎてないかな。と思っていた。

 

 

しかし、本の中でこんな一節を読んだ。

 

 

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

 

 

ギバーは頼り合うことが弱さとは考えない。頼り合うことは強さの源であり、多くの人々のスキルをより大きな利益のために活用する手段だと考えている。

 

なるほど。

しかし、そもそもなぜ、ギバーはこのようなメンタリティをもっているのか?

 

これは生まれ持った資質なのだろうか。

だとすれば、後天的にギバーとなることは不可能なのだろうか?

 

疑問はたくさん浮かぶ。

 

しかし、この著書は述べる。

ギバーであることは、人間の本性だ。もともと人間がもっている本性を正面から見据えて理解すれば、人間は自然とあるべきギバーに戻っていく。

 

ただ、とはいえ、切実な問題として、我々は生きていくために働かなければならない。

最初の私の疑問につながるが、自分の生産性を犠牲にして、他者に与えるという行為は果たして、人間の本性なのだろうか。

生き残るために、自分のすべきことを優先し、他者に与えることを後回しにするのは、それこそ人間の本能に根ざしたことなのではないか。

つまり、冒頭で述べた。

いっぱいいっぱいで心が穏やかでない時、人に与えようとする発想はなかなか生まれないことは、当然のことではないだろうか。

 

「与えることと生産性の折り合い」の問題が浮かび上がる。

 

しかし、なんと、その折り合いをつける鍵が

「より多く与えること」

らしい。

 

これは、簡単な理屈で、与えることで信頼関係が築かれ、助けた人だけでなく、グループ全体から有益な助けが得られ、高い生産性を維持できるという結論に至る実験結果が出ているそうだ。

 

ふーーむ。

おとぎ話を聞いているようで、今ひとつイメージしづらいが。とりあえず今日もGIVEしていこう!

 

毎日5分間の親切を!

 

①学年の先生にお茶を入れる。

②学年だなを掃除する。

③クラスの子どもに、自分たちで授業する楽しさを実感させる。