小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

人に恵まれすぎ

私は本当に常に人に恵まれている。

 

今までの出会いは全て自分の成長に繋がっている。

そういう、べったべたなセリフを実感を持って言える今の自分でいれて嬉しい。

 

私は常に自分の成長に必要な人が現れている。

本当にいつもついているのだ。

 

今年組んでいる学年の先生方も素晴らしい。

尊敬できる方だ。

 

ぐいぐい引っ張るわけではないが、確実に人を巻き込み、笑顔にする。

 

本当に相手のことをよく考えてくれる。

まずは、今相対する人のことを知ろうとする。

隙あらばすぐに聞き手に回る人たちだ。

だから、自称聞き上手な私がついつい喋りすぎてしまう。

それを鷹揚に受け止めて笑ってくれる。

 

そんな人たちだ。

 

毎日が楽しくてしょうがない。

 

こういうかっこいい「大人」になりたいと思う。

 

小学校の先生って、正直大人気なくて、理論より気合い!みたいな。

(多分今の自分も子どもや保護者から見ればそうなんだろうな。)

しゃべりたいからしゃべる!みたいなね。自分とは相いれない人種だと思っていたのだが…

 

全然そんなことない。

すごく「大人」。

本当の意味で自立していて、周囲とつるまない。でも相手を尊重し、協力できる。

相いれないような、二つの要素を矛盾なく持ち合わせている。

 

職員室でくだらない話をして笑うのが楽しい。

真剣にクラスの子どものことで悩んでいることを聞いてくれるのが嬉しい。

さりげなく気遣ってくれているのが、痛いほどよく分かって、何かを返したくてしょうがなくなる。

 

そういう人が人を動かすんだろうな。

 

リーダーシップのイメージをまた変えてくれた。

教師としてのあり方にまた1つ新たな視点を与えてくれた。

 

うん。

確かにGIVEの思考を癖つけると、気づきが多い。

それは、相手に興味を持ち、相手が何を欲しているか知ろうとするからだ。

何を与えられるか、与えたいかじっくり考えて、今年一年。GIVEしていきたい。