読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

学級目標

やっと決まりました。

 

宇宙にとばせ

協力・信頼の5-3ロケット

 

 

協力しあい、生まれた信頼で飛び立つ5-3は

宇宙のような未知の世界にもチャレンジできる

 

 

そんな意味づけをしました。(私が)

 

正直、子どもたちにはまだそこまでの思いはなさそうに見えます。

 

 

それにしても、この学級目標を決めるまでに

要した時間、なんと3時間。

 

私の腕がないといえばそれまでですが

 

とにかく、意見が出ない。

 

学級目標のアイディアを出すのに1時間

賛成、反対で1時間。

しかし、明確な目指すべきクラスのビジョンを一人一人が持てていない状態での議論なので、着地点が定まらず。。。

 

一部の人間で議論が進む。

そこで、一喝

 

みんなの1年間を左右することを決めている。

他の人に自分の1年間を委ねてはいけない。

また、自分の思いを一部の人しか発表できない現状について、もっと危機感をもとう。

 

そんなことを言った。

 

実際、学級会の様子を見ていると、周りを窺いながら手を上げようとしたけど、俯いて、手を下げる人がいた。

 

この状態はかなりまずいと思う。

 

学級目標について話し合う場で、手を挙げられないのは、自分の思いを受け止めてくれないと思っているか、そもそも、クラスのことなんかどうでもいいと思っているかだ。

どちらも、学級集団に期待していないということだと思う。

 

自分の思いを安心して発信してできない集団では、何をしても高まらない。自分の考えも深まらない。

 

何より、集団に属し、その集団が自分に喜びを与えてくれるものだと、実感できるようなクラスにしていきたい。

 

集団が窮屈なものではなく、そこに所属する安心感やそこで得られる喜びに存分に触れ、自信をもって社会に出て欲しい。