読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

自分探し

f:id:kengobonbei:20170308075021j:image

 

 昨日のことを引きずって、

今さら - 小学校の先生を120%楽しむ毎日

 

 

学級通信を勢いで書きました。

 

今日このまま出します。

伝わるかなあ。

 

みなさんは、本当の自分ってどんなんだったっけ。。と疑問に思うことはありますか。

大人って実は「本当の自分」が
分からなくなっちゃってる人は結構多いと思う。

 

みんなもこんなことない?
例えば、友達と話を合わせていると
そこそこ楽しいんだけど、なんとなくむなしい。
そういうときに、「自分ってなんなんだろう。。。」
とふと思うはず。
自分を押し殺していると、窮屈で悲しくなるから。

 

大人になると、なかなか素の自分でいるのは
難しくなる。
例えば、レストランでウエイトレスをしているのに
お客さんに、「はやく水もってこい」と言われて
「偉そうになんだ!自分でもってこい!!」
なんて言っちゃったら、即クビだよね。
仕事だから「かしこまりました。ただいまお持ちします」
って言わなくちゃならない。
まあ、とにかく素の自分で勝負するのって勇気がいるしね。
わざわざ危険をおかして自分の素を出さなくても
日々は過ぎていくし、むしろ仕事はうまく回る
と思っている人も多いだろうな。
でも、そういうことを繰り返して、
本当の自分がわからなくなる。

日々、素の自分をさらけ出している人は
そんなことで思い悩むことはないでしょうね。
うちのクラスの男子はそういう人多そう。
でも、そうじゃない男子も確実にいる。
女子は正直分からんよ。君ら本当に仲いいの?
素を出せているかい?

みんながなるべく素の自分を出せるように
今年は先生自身もなるべく素の自分を出して来たつもりです。
それがみんなにとって良かったかは知らないけど。

 

さて、本題だ。
最初の問い「本当の自分ってどんなんだっけ。。。」

そんなこと考えなくていい。

例え、場面に応じてキャラを使い分けていたとしても
そのキャラを選んでるのは自分だ。
そのプロデュースのやり方こそが、自分だ。

だいたい、素の自分というのは、
社会で通用しない。
超自分勝手なはず。赤ちゃんとそう変わらない。
でも、そんなワガママな自分を今までの人との関わりの中で、
なんとか通用するようにキャラを作って来ただけなんだから。
どんなに本当の自分を探したって、所詮ある程度作ったキャラのはずだ。
だから、いろんな経験をしていろんなキャラの引き出しがあることは、
ちっとも悪いことじゃない。


そもそも、人は人との繋がりなしで生きていけない。
これは、綺麗事で言うわけじゃなく、単なる事実。
完全に1人で山奥で生き延びようとしたら、
その生存率は低い。そういう話。

現代社会では、直接人と接しない仕事はある
プロのブロガー、ユーチューバー。
でも、この人たちこそめちゃくちゃ人を意識してるはず。
不特定多数に向けて何かを発信するには、
いろんな人たちを想定して、その人たちが何を求めているのか
考えて、ねらって発信しているからだ。

完全に1人でできる仕事はない。
誰かしらと繋がって、誰かが喜ぶことをしないと
生きていけないことになってる。

そして、よくできた話で、
人は誰かに喜んでもらうことが本当に嬉しいと
感じられるようにできている。

小説、漫画、ゲーム、映画、テレビ
こういうものをただただ
1人で消費するだけで
「人生最高!!」って思える人はいないと思う。

つまり、自分探しなんてする前に
自分が人のために何ができるのか、
どうやって人を喜ばせるのかを
考えないと、つまらん人生が待ってるよ。と思うのだ。
何より、人のために何かしらしないと生きていけないわけだからね。
そこ考えないとまずいでしょ。

 

 

少しでも伝わるといいな。

 

結局、

言いたいことは、大縄やろうぜ!

みんなとやると楽しいよ。

ってことなんだけど(笑)