読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

神経科学…!!

くそー。編集したら、また一部記事が消えました。

 

なんとなく、響きが怖い。

 

今日は念願叶って、こちらのブログがきっかけで、ふたせんさんと初めてお会いしました!

 

 http://www.kesuke03.xyz/

 

感動です。

 なんだか、不思議な感じです。

初めてお会いするのに、ブログをずっと読んでいたせいか、人見知りの私が全く自然と接することができました。

 

まあ、それは、ふたせんさんがもつ包容力や、穏やかな雰囲気がそうさせている節がありますが…

 

ブログとなんらギャップのない。いや、ブログ以上に、誠実な方だと感じました。

 

 

さて、今日はそんなふたせんさんが主催する

「学びを遊びつくす会」

に参加させていただきました。

 

なんとも説明が難しいので割愛しますが、とりあえず…

 

自分と向き合ってきました

 

 

学んだことは、以下の通り。

ふたせんさん、違ってたら修正お願いしますね(笑)

 

1.自分がうまくいかないのは、外的要因?内的要因?両方で考えられたら、状況改善できるかも!

 

私は内的要因を考える派でした。

 

2.メタ認知は21世紀型スキル、7用法の1つ。自分を客観的に見る力。

 

3.メタ認知がなぜ重要かというと、人はポーズをとるから、ありのままの自分を客観的に見ることが難しい。

(例、鏡を見る時、若干顔を作っちゃう)

 

これは、なるほどですねー。ナルシストじゃなくても、鏡と向き合う時は若干キメ顔しちゃいます。

 

4.無意識化では学べない。

  脳は省エネをこころがけているから。

 

脳の体積は体の2.5%

にも関わらず、

体に使われる全エネルギーの30%を消費する。

だから、受容した刺激の0.01%しか注意を払われなくなっている。

 

(例、家から駅までの電信柱何本か覚えてますか?

 例、自分が授業中に発露しやすい感情はなんですか?

「こういう瞬間に、こんな風に感じ、このような行動をとる」

と説明出来ますか?)

 

 5.超一流は、自分ヲタク

(例、イチロー

何をどう感じ、どのように打てているのか、説明出来た時、超一流の仲間入りができた。)

 

6.名言は究極のメタ認知の果てに(自分ヲタクになると)生まれる

 

メタ認知の末、自分のことが分かる。すると、何を学習したらよいか分かる。そして、成長し、最高のパフォーマンスを発揮したのちに、確固たる実感をもって発せられる言葉には力が宿る。

 

7.成長するには、理想像を考えるだけではダメ!現実の自分を正確に把握(メタ認知)すべし。

 

とりあえず、この後、実際にメタ認知のための作業に入りますが…

 

そこは、また今度!(書くかなあ…?)