小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

奮い立たせる言葉は責め言葉?

私のクラスはただいま全体での発表が今ひとつ活発ではありません。

大抵七人くらいの同じメンバーが、ああでもない、こうでもないと議論して、周りは傍観している状態です。

 

一発ばしっと子どもたちに

 

「全体の場で自分の考えを伝える価値」

 

について、熱弁してやろうと、1時間ほど原稿をしたためました。

 

それが、昨日のブログの内容です。

 

http://kengobonbei.hatenablog.com/entry/2016/12/05/214042

 

今日、実際にスピーチしてみました。

 

 

結果は…

 

 

新規で手を挙げた児童が3,4名。

 

そのあと、煽りに煽って、

普段手を挙げない児童が3名を除いて手を挙げてくれました。

 

 

最後に、その児童に聞いてみました。

 

私なりに努めて笑顔で

 

「今の時間どんな気持ちで座ってたの?」

 

 

すると、言いづらそうに、困りながら、下記のような内容を語ってくれました。

 

なんか、先生が話した後も、あんまり発表する気にもならなくて、どうしようかなぁ、と思って…」

 

赤字のところで、かなりのショックを受けました。

 

私は慌てて憶測を口にします。

 

 

「もしかして、先生が話している間も責められているような気持ちになっていたんじゃないの?」

 

しぶしぶ頷いています。

 

 

私はさらにまくし立てます。

 

「全然、そんなつもりで言ったんじゃないよ。ただ、全体の場で発表しないのはもったいないって言いたかったんだよ」

 

 

私に気を使って少しニコッとしたような気がしました。

(希望的観測でしょうか?)

 

 

私の内心は見透かされている気がします。

私のスピーチは「全体の場で発表しないと、自由で豊かな人生は送ることはできない」と明確に否定しているも同然ですからね。

 

「もっと手をあげろよ」

 

という私の本音は見透かされているのでしょうね。

 

そして、全体の場で発表できない子は自分の生き方を否定されたように感じたのかもしれません。

 

 

 

そりゃあ、発表する気もしないわなぁ。

 

 

難しい。

 

 

人を奮い立たせるとき、その人の今を否定せずに、「よし、やってやろう!」という気にさせたいものです。

 

どんな人でも奮い立たせるようなスピーチは、それこそスティーブ・ジョブズでもできないのでしょうかね?