小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

どんどん自信が…

やばいです。

 

子どもを追い込みすぎかも知れない。

 

去年から持ち上がりの子がいます。

 

 

とても真面目で、冷静で、本が大好き。ピアノもめちゃくちゃ努力して、学校の代表として、校歌なんかバンバン弾いちゃう。いわゆる優等生です。

 

今、その子がとても自信をなくしています。

 

その原因を作っているのは私。

 

再来週に控えた音楽会の実行委員として、クラスを引っ張る立場なのですが、いかんせん押しが弱い。

なりふり構わずクラスのみんなに呼びかけようとしない。

 

しかし、そんな彼女は実はこの音楽会に密かに燃えているのです。

 

音楽会のピアノの演奏者として選ばれようと、寝るまま惜しんで練習しているのです。

「お母さんも心配して早く寝なさい」

と言うそうですが、

「あと一回だけ」と

何度も何度も練習しているのだそうです。

 

 

そのことを知っている私としては、一歩引いて、小さな声でクラスのみんなに指示を出す彼女の姿が実に歯がゆい。

 

私としてはその子がもっと前に出て引っ張るべきだと思ったのです。

 

そして、言いました。

 

「◯◯さんは、一体今度の音楽会をどうしたいの?」

 

「え」

 

はい、フリーズ。

 

 

私はそんな彼女の様子を見て焦り、苛立ちさらに続けます。

 

「音楽会を成功させたくて、実行委員になったんでしょ?◯◯さんにとって、どうなったら成功なの?とりあえず、歌ってればいいの?」

 

「…いえ、みんなに本気で歌ってほしいです。」

 

 

絞り出すような声でした。

今思えば、これがこの時の彼女の精一杯の答えだったのでしょう。

 

それなのに

 

「だったらまずは◯◯さんが、今この瞬間から本気でみんなを引っ張らなきゃ!全然思いが伝わらないよ!」

 

あーあ。やっちゃった。

 

 

はい、この時点で涙を浮かべ、みんなを引っ張るどころではありません。

 

そのあとは結局1回通しで歌いましたが、みんなガチガチに緊張した状態で、その子もガチガチになって、まともに指示も出せません。

 

そりゃそうですよね。

 

もう最悪です。

こういう日は死ぬほど反省して、月曜日いかにその子を勇気付けるか土日に必死で考えます。

 

本当にごめん。

未熟すぎて嫌になる。

 

 

勇気付ける言葉がけ。

たくさんあるけど、今その子が一番必要なのはどんな言葉だろう。

 

ふだんは、すぐに思いつくのにこんなときはどれも軽すぎて、的外れに思えて…

 

あーあ。

 

 

「小学校の先生を120%楽しむ毎日」

 

 

ねえ…