小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

人からどう思われてもいい。自分の考えは述べる

私は初任の頃に、主任とうまが合わなかったようです。

その当時の私はとにかく主任とうまくやろうと、必死に話を合わせ、かなり従順にしていたと思います。(自分で言うのもなんですが)

 

しかし、最終的に主任に

 

「私の考え方が気に入らないことは知っている。色んな態度からそう感じる。」

 

と言われました。

 

自分の考えをはっきりと述べることから逃げると、結果的に誰からも信頼されなくなるとこの時痛感しました。

 

誓ってもいいですが、そんな風に思われるほど態度に出しているつもりは一切ありませんでした。

 

もちろん「ん?」と違和感を感じることもありましたが、そんな時は、しっかりうなずいて賛同していました。

 

でも、主任からするとやはりなにか思うところあったのでしょうか。

そもそも、相手に話を合わせると言うのは、ある意味相手に心を開かず、その場だけ取り繕う行為です。

「とりあえず、話し合わせとけば気持ちよくなるだろ」という打算的で相手を軽く見るような行為とも言えます。

 

そういうのって伝わるんですね。

 

自分も先輩として後輩の先生と接する時に感じることがあります。

 

なんだかんだで、自分の考えをはっきりと述べる後輩の方が、付き合いが深いです。

たまに意見が対立しますが、それで関係が終わることもありません。

 

自分の意見は言った方がいいんです。

 

自分の意見を言って嫌われれるような相手に無理に話を合わせることになんの意味がありますか。

どうせそういう相手とは最終的に縁が切れます。

まして、頑張って合わせてみも、結局どこかで綻びが生じます。

 

そして、相手に信頼もされず、我慢してきたことがすべて無駄になります。

 

どうせ嫌われるなら、自分の考えを洗いざらい言って嫌われましょう。

ほんとの自分も知ってもらわずに嫌われることほど馬鹿馬鹿しいことはありません。

 

そもそも、人から嫌われても、なんとかなります。

 

そう思えた理由はまた次回。