小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

先生の陰謀

「先生、放送委員会を操っていません?」

 

昨日、先輩の先生に言われたことです。

その先生と私はバンドが好きで、二人で飲みに行き、よく音楽の話で盛り上がります。

 

昨日、放送委員会の子が

「先生、これ流してもいいですか?」

と言って、

Mr.Children 終わりなき旅

のCDを持ってきました。

 

ハロウィンパーティで私のギターに合わせて歌う曲として、私が半強制的に選曲したものです。

 

実際、歌詞の解説や、歌唱指導を行っていた私は内心嬉しかったのですが、その話を聞いて一番何を思ったかというと

 

「大丈夫かな」

 

ということでした。

 

 

たかだか、10分ほど「終わりなき旅」について説明を受けて、歌ってみて、「ぜひお昼の放送で流したい!」と言ってくること自体、違和感満載です。

 

正直自分なら、担任の好きな歌なんて、興味もないのですが、ありがたいことに、歌詞の良さに共感したり、「歌ってて楽しい!」なんて言うのです。

 

自分が今まで、担任に対してどれほど冷淡だったかよくわかりました。

 

当初の私のビジョンにも、あわよくば「終わりなき旅」の歌詞の良さに共感し、一緒に楽しく歌えればいいなという思いがありました。

 

しかし、いざその通りになると、不安になるのです。

 

「こんなに思惑通りでいいのだろうか」

 

と。

 

 

教師の思惑通り進むときほど、冷静に振り返る必要があります。

思惑通り言ったときに、「やっぱり自分は子どもに好かれている」などと思ってしまうのが一番危険です。

必ずアンチもいます。それを忘れて「自分のやり方は正しい。」と思い込んでしまうことが怖いです。

 

よくかんがえなければ、と思う一例でした!