小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

時間潰し

昨日、一昨日と夏風邪を引いてダウンしていた。 と言っても、食欲もあるし、微熱が続いて怠いなあといった程度。 中途半端な体調だったので、本でも読もうとするものの、小難しい内容は頭に入ってこない。 諦めて、無料で読める漫画か何かないかと、ネットサ…

意外なあの人がgiveを推奨

堀江貴文氏が語る 仕事や商売で成功するための信用を得る方法 - ライブドアニュース ホリエモンです。

内向型?外向型?

この本を読んだ。 内向型を強みにする 出版社/メーカー: パンローリング株式会社 発売日: 2013/06/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (5件) を見る 内向型の人のもっとも顕著な特徴は 、そのエネルギ ー源である 。内向型の人は 、アイデア 、感情…

最強の人生相談

本日は、ふたせんさん小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜と ダンシングアインシュタインDAncing Einstein(ダンシング・アインシュタイン) – 未来の教育と学習をデザインするのNさんと、 DAFL学ぶことにワクワクした1日 - …

GIVEする目的

最終的には、 「GIVEした方が気持ちいいから誰かにGIVEしたい」 と、心の底から言えるようになりたい。 こういうことを言える人にフォロワーは現れる。 「フォロワーを増やしたいから」 という目的で、GIVEしてもおそらくGIVEが続かない。 「あなたのために…

なるほど、自分はこういう人なのね

話し合いの時に、ついぴりついてしまう。 今日校内で各部署での話し合いが行われた。 私は、防災と体育。 体育部では、主任を務めている。 基本的に私は担当部署の担当者が、全権と責任をもって取り組めば良いという考えなので、丁寧な話し合いそのものが「…

人との出会い【自分用メモ】

本日はふたせんさん主催のDAFL 。 発表者ではない参加は初めて。 実に面白いなあ。 発表者でなくても、自分の価値観に揺さぶりがかけられていることを実感できる。 行動改革が先で、意識改革は後。 と、開き直っていたところに、待ったをかけてもらった。 行…

明日が終わったら夏休み!

こんな学級通信を出します。 あっという間に夏休みになってしまった。みんなはこの4ヶ月近くをどんな思いで過ごして来たのだろう。 全員に思いを語ってもらいたいところだけど、ここでは一方的に先生の感想を語るしかないので、そうする。 最初の2ヶ月はとに…

ルビンの壺が割れた

久しぶりに小説一気読みです。 ルビンの壺が割れた 作者: 宿野かほる 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/08/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る なんとこれ、まだ発売前なんですね。 今だけ無料ダウンロード期間。 発売前…

攻撃的な自分は、そうせざるを得ない状況にあるから。つまり、そう。自己肯定感が低いのよ。

DAFL で自分と向き合うことと増えたが、まだまだ自分のことを分かっていなかった。 自分が他者にしばしば攻撃的になってしまうのは、自分の性質が大きな割合を占めているのだと思っていた。 しかし、この記事を読んで、 「自己肯定感」が低い人に現れる"残念な…

鎌倉 雲母 〜行列に並んで、大人について考えた〜

今日は鎌倉で人気の甘味処、雲母というお店に行ってきた。 [食べログ]アクセスが制限されています 店の前に着くと、行列が・・・1時間待ち確定とわかる長さである。 私は行列に並ぶことが大嫌いだ。 行列に並ぶ間 「まだかなまだかな?早くしろー!」 という…

なんだか攻撃的になりやすい自称ポジティブな人は、いくつ不安を抱えているか、数えてみよう

昨日、自分の子どもに苛立ち、怒鳴ってしまった。 今思い返しても可哀想すぎた。 なぜ、あんなに怒ってしまったのか考えたところ、昨日はあらゆる場面で、なんだか苛立っていたことに気がついた。 車を運転しているとき 職員室での同僚の一挙一動が クラスの…

教師の通信簿

たまーに、教師は子どもや親から通信簿を貰えるときがある。 面談で 「今年に入って本当に毎日学校が楽しいって言ってます」 と、保護者に言われたり 「さっきの授業は本当に時間があっという間で、楽しかったです」 と、子どもに言われたり… そして、嬉しい…

コミュニティを深めるには…

1.余白がある 2.クローズドな空間で常連客ができる 3.仮想敵を作る 4.秘密やコンテクスト、共通言語を共有する 5.共通目的やベクトルをもつ どうでしょう? 学級に置き換えると 1.担任が全てを完璧にこなしすぎない。手取り足取り教えすぎない。 2.学…

どんな自分になっていきたいの??

「なりたい自分になるシート」というものを作成した。いわゆる自己実現シートに近いのかもしれない。 ◯1年後の3月にどうなっていたいのか ◯尊敬する人とその理由 ◯授業中、今年になって頑張っていること・もっと頑張りたいこと ◯休み時間、やっていること・…

ビジネス書に振り回される前に、教養をつけよう

本日はDAFLのNさんと渋谷で対談。 現状報告と今後の成長計画について、ご意見をいただいた。 Nさんと会って毎回感心してしまうのは 圧倒的な知識量とその知識のアウトプットのスマートさである。 Nさんは、穏やかな佇まい、傾聴の姿勢も私にとって完璧だ。傾…

映画館デビュー

今日は家族でアンパンマンの映画を観に行った。 いやー、退屈しない! やっぱり子ども向けだけあって飽きさせないように考えてるなあ。 冒頭は、アンパンマンのキャラクターが歌ったり踊ったりの音楽で始まり、ノリノリな感じ。 次に映画限定キャラ(以下ブ…

なるほど学ぶってそういうこと

「学ぶ」とは具体的にどういうことなのか、140文字で説明するよ。 : まだ東京で消耗してるの? こちらの記事から。学ぶことについて 「学ぶ」とは具体的にどういうことなのか?1. 知りたいこと(ブログで稼ぐ、盆栽を育てる、魚を釣るetc)について本や人か…

保護者からの評価は相対評価

個人面談で記事の題名のような結論に至った。 「学級通信なんて今までなかったので、毎回読んでます。」 と、感謝される。 前任校ではなかなか言われなかったことだ。 前任校の先生方は結構みんなやっていたから。 保護者はその学校の他の先生と比べる。 保…

自分たちで進める授業

どこまでこちらが道しるべとなるか。 それが大事だ。 わかりやすい目的を掲げないと、すんなりと流れていかない。 単元構想をこちらでしっかりともち、それを子どもと共有しなければならない。 もっとこうしたい。やってみたい。 は、その後に来る。 もう一…

個人面談で告白しよう

私は褒めるのが苦手だ。 子どもを乗せるために褒めることに罪悪感を感じてしまう。 それをテクニックと称し、指導力だと勘違いできてしまう人が少し羨ましい。 だから、私は本当に「すごい!」と思った時にしか子どもたちを褒めない。 しかし、「すごい!」…

キラキラ系、意識高い系の子どもたちは、教師をうろたえさせる

ただいま、うちのクラスの子どもたちは、絶賛大暴走中です。 うちのクラスだけ、総合的な学習の時間の稲づくりで、田んぼを作ろうとしている。 うちのクラスだけ、全校に向けて、学校にお菓子を持ってこないように呼びかけようと動いている。 今組んでいる学…

主体性を発揮するには

心の余裕が必要。 つくづくそう思います。 「あれもこれもやらなければ…」 という時は、子どもがこちらの思い通りに動かないと、焦り苛立つ。 トライアンドエラーを許容できる環境が絶対必要。 昨日岩瀬先生のこちらの記事を読んでいたので、そう思うことが…

理想的な協議会とは…

一体何なんだろう。 結局おもいおもいの感想を述べることなんだろうか。 授業者と参加者のニーズで協議会は変わるんだなあ、と実感した。 もっといえば、校内重点研究をやる意義を見出しているかどうかで、変わってくる。 校内重点研究をやる意義を見いだせ…

自習時間

本日は、3時間公開授業。 しかも1時間は専科。 自分が使える時間は1時間。 国語の きいて、きいて、きいてみよう のまとめをしよう。 聞くこと、相手、自分のよさを実感できたか振りかえっていこう。 そして、まる1時間確実に開けるので、自習体制を完璧に!…

明日は学年の先生の校内授業研究会

さてさて、明日は学年の先生の授業。 間近で悩みながら授業をつくっている姿を見ていたので、学びの多い会になればいいなあと思う。 授業者が消化不良のまま終わることのないように。 そのためには、 授業者の授業前のモヤモヤを把握することが大事だ。 そし…

感謝の気持ちがGIVEを生む

最近、自分が快く思ったことを毎日記録している。 そうすると、関わる人への感謝の気持ちが生まれる。 疲れ切って、職員室の自分の席に座っている時、自分のやりたいことがあって、仕事に集中している時も、前より少し自分の心に余裕が生まれた気がする。 な…

やれることは山ほどあるが、1日にできることは限られている

1日終わってしまった…あっという間すぎる。 ①金曜の女子のフォロー →話しかけるだけで精一杯だった。どういう状態になったらフォローしたことになるのか、自分の基準が曖昧だった。とりあえず、笑って話してくれたからよしとしよう。 ②人柄って何か、考え、…

ファシリテーションの教科書②

ファシリテーション型リーダーの基本姿勢 「メンバーの意欲、能力、知恵を信頼し、可能性を信じる」 まさに教師が子どもに対して接する姿勢じゃないか。 ここに書かれている思考力や合意形成を進める技術を学ぶことで、子どもの主体性をもっと引き出せる気が…

ファシリテーション

ふたせんさんに影響され、ずっと積ん読してたこの本を読み始めた。 ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ 作者: グロービス,吉田素文 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2014/10/31 メディア: 単行本 …