読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

「ごめんね。」「いいよ。」

小学校低学年でよく聞かれる やり取り。 伝説の定型文。 先生がそうさせている場合が大半ですね。 それにしても、これ。 大人になればなるほど通用しなくなりますよね。 現に高学年でこのやりとりを強制しようもんなら大惨事が起こるのではないでしょうか。 …

合意形成の第一歩を踏み出そう

今まで理科の研究を3年連続でやってきました。 今年は、教科の縛りをなくして、それぞれの学年が自由に教科を選んで研究するという提案をしました。 …が 全然伝えられませんでした。 なんで、教科の縛りをなくすのか。 皆さんへのメリット。 そして、リスク…

放課後の職員室

会議がない放課後。 みなさん何をしてますか? 丸つけ? 週案? 校務分掌の仕事? 学年の仕事? 私は最近、なるべく暇そうな方(失礼)を見つけ会話するようにしています。 その目的は3つ ①信頼関係を深めるため ②気分転換 ③ニーズを知るため ①に関しては、…

思考の整理はTwitterで

私たちは常に何かしら考えていますよね。 ある事柄について、自分なりの考えがあれば、きちんと言語化するべきだと実感できました、 まあ、大分こちらに影響されてますけどね。 イケダハヤト - 小学校の先生を120%楽しむ毎日 考えが整理されます。 常に自分…

教師の通信簿

教師にとっての通信簿は 「クラスの子どもの様子でしょ。」 これが大方の見方でしょうか。 しかし、地道にずーっと子どもたちの様子を観察しなくても、子どもがクラスを公に評価する(振り返る)場面を用意することで、子どもが担任をどう評価しているか、読…

イケダハヤト

この方ご存知でしょうか? ブログをやっている方や、Twitterにどっぷりハマっている方はその名を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? この方のnoteを購読することにして、ただいま記事を読み漁っています。 もう既に影響を受けた記事は2つ! 「…

バレンタインデー

私の勤務先の学校では、チョコレートを公に持ってきてはいけないことになっています。 (学業に関係ないものは持ち込み禁止の原則から) 児童指導に熱心な先生は、前日に 「明日、チョコレートは持ってこないように。」と指導しているようです。 実際、子ど…

校内の重点研究

「学力」の経済学を読んで 「学力」の経済学 - 小学校の先生を120%楽しむ毎日 校内重点研究に関して、以下の疑問を感じました。 ①校内で完結する研究なんてあり得るの? ②トレードオフの発想はないの? ③授業作りよりもまず学級づくりじゃないの? ①校内で…

「学力」の経済学

久しぶりに一気読み。 「学力」の経済学 作者: 中室牧子 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2015/06/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (40件) を見る なんだか、 「教育者としてすごいこと知っちゃった。…

説教でヒートアップしない方法

昨日、今日と 自主学習のペアを解消したいという 申し出がありました。 自主学習のやり方について 詳しくはこちらを参照ください。 結果にコミットする自主学習 - 小学校の先生を120%楽しむ毎日 理由を聞いたら、案の定。 何度言っても、自主学習をしてこな…

考えてみたらめちゃくちゃ頑張ってる!

今日の5時間目は寒風吹き荒ぶ中 10分マラソンからの大縄 マラソン終了後のインターバルは5分 その後3分間の8の字跳びを休みなしで5回やりました。 しかし、ここでの大縄練習。 みんなつまらないところで引っかかりまくり。 大縄の記録が出ない! 風が強いこ…

受験組復活

クラスの雰囲気が次のように変わった。 ①騒がしい ②集団の意思決定が減速 ③一人ひとりの考え、感情がよりオープンになった ①に関しては、人数も増えたし、受験も終わってテンションも高いし、当然の結果とも言える。 それでも数の力を感じる。 集団がすごく…

固定化されたメンバー

授業中に全体の場で、 進んで自分の考えを発表する児童はだいたい決まってきてしまいました。 クラスのだいたい三分の一くらいでしょうか。 人数にして12人くらい。 (前回の復習などで、答えがハッキリしている一問一答形式のものに関しては、ほぼ全員手を…

学級通信でぶっちゃけた結果

保護者の方からわざわざ電話で こんなことを言っていただきました。 「先生たちが様々なしがらみの中で、仕事に真剣に向き合っているところが分かりました。 先生の学級通信はクラスのいいところ紹介だけではなく、先生の正直な気持ちを打ち明けてくれるので…

週明けが楽しみになるセミナー 振り返り

先週の土曜日に開催した 週明けが楽しみになるセミナー。 寒い中、たくさんの方が来てくださいました。 本当にありがたい。感謝感謝です。 ただ、それでもやはり恐れていたドタキャンは多数出たので、予定の半分の人数しか集まりませんでしたが… 口コミ等で…

校内授業研

【授業の価値】 ①見方、考え方の転換 …液体にものが溶けるという現象でも違うことが起こってる。 ②お互いの情報共有をすることで問題解決ができるという体験ができる …他者貢献による自己有用感 協働の価値を実感する 【授業の価値①を実感させる手立て】 ①授…

明日の授業の台本公開

みなさん、本日新しい単元に入ります。 水溶液の性質(板書) です。 5年生の時、水溶液の勉強しましたね。 そもそも、水溶液ってなんでしたっけ? (児童の反応:水に何かを溶かしたもの) (以下板書) 水+水に溶けるもの ↓ 水溶液 ここまでが、5年生でや…

c-learning

ご存知ですか? こんなものらしいのですが↓ 授業の悩みを解決!C-Learningでスマホ授業 - YouTube これ、小学校でも使えると思うんですけどね。 そもそも、校内にあるタブレットは11個。 Wi-Fiにもつなげない。 授業においては、ただの画面が大きいデジカメ…

iMovieを使ってみた結果

操作が簡単! 最近、iPhoneでなんでもできてしまう。 プレゼン作るならKeynoteだし。 とにかく簡単です。いじってればなんとかなります。 こういうことはとても楽しい。 ハマりますよ。 できたのが、こちら! 1月14日 新横浜でお待ちしてます。 pic.twitter.…

学級通信で、敬語を使わなくなった結果。。。

なぜか保護者の読者が増えました。 私は学級通信を毎年書いています。 最初の懇談会で、保護者の皆様に次のように話し、 学級通信の第一号にも同様の内容を載せます。 「学級通信は子どもに向けて書いています。お子さんに向けて書いた手紙です。もし、ご覧…

1人1企画持ち込み、プレゼン大会

お久しぶりです。 体調を崩してしまい、全然更新ができておりませんでした。 キャリア教育の一環でやっています。 自分のやりたいことをクラスでプレゼンし、4人以上が賛同してくれたら、プロジェクトが発足します。 ただし、プロジェクトに授業時間を割け…

未来を語れる喜び

今週は、なんだか怒涛のような一週間。 書くことがあり過ぎて、記事を整理している最中です。 さて、差し迫った問題の1つに明日発行の学級通信について。 子どもには退屈な話ですかね? 親はどう感じるかな? 不安になったので、載せますね。 ご意見いつも…

奮い立たせる言葉は責め言葉?

私のクラスはただいま全体での発表が今ひとつ活発ではありません。 大抵七人くらいの同じメンバーが、ああでもない、こうでもないと議論して、周りは傍観している状態です。 一発ばしっと子どもたちに 「全体の場で自分の考えを伝える価値」 について、熱弁…

伝えることの価値

以下、明日の1時間目の授業前に言おうかと思います。 1時間目から言われたら鬱陶しそうな内容だな。 今まで、授業でもっと発言しようよとたくさんの人が声をかけてきました。 しかし、なかなか状況は改善されない。 これは、全体の場で発表するよりも発表し…

休日をより良く、世界をより良く

私たちのセミナーのスローガンです。 アドラーは 「 人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」 と断言している そうです。 だとすると、我々教師は悩みを抱えやすい環境にいるといえます。 子ども 保護者 職員 いやでも対人関係について考えざるを得ない…

勇気づけ

これでググると子育て関係のサイトがよく見られます。 しかし、アクティブラーニングの流れで、今この勇気づけの言葉がけが教育業界でも注目されています。 https://www.amazon.co.jp/先生のためのアドラー心理学―勇気づけの学級づくり-赤坂-真二/dp/4938874…

どんどん自信が…

やばいです。 子どもを追い込みすぎかも知れない。 去年から持ち上がりの子がいます。 とても真面目で、冷静で、本が大好き。ピアノもめちゃくちゃ努力して、学校の代表として、校歌なんかバンバン弾いちゃう。いわゆる優等生です。 今、その子がとても自信…

勘違いしないでよね。

今度載せる学級通信の記事を公開します。 こんなことを日々子どもに語っています。 めんどくさい、鬱陶しい先生ですね。 本当に子どもたちは「いい子」でよく空気を読む子たちだから、付き合って聞いてくれるんです。 そんな子たちだからこそ、こういうこと…

書も読んで、研修に出よう

教員の皆さん。休日に開催されているセミナーや研修会に参加されたことはありますか? そもそも、セミナーという響きが怪しげで、私自身、セミナーに参加したのは同期の紹介からでした。 そして参加するにしても 「俺は絶対この会に染まらないぞ」 と心に決…

やったー次の授業は◯◯だー!!

という子どもの反応。 可愛いですよね。 教師のモチベーションを上げてくれます。 反対に「うわー、次◯◯かよ」 となると、その次の授業は教師のやるきゼロ。 さらに、子どもたちに申し訳ないから強気でいけない。 自信もなくなって面白いことを言う余裕もな…

1人の女子に悩まされる

金曜日は気が抜けません。 私の場合、金曜日に何かあると土日は台無しになります。 金曜の帰りの会。 先生の話のコーナーにて。 クラスの女子の1人がものすごく不満そうな顔をしていました。 そのあと、「さようなら」もおざなりにしています。 こんなとき …

効果が薄まって来た時はライザップを見習ってみる

「なんで一度言われたことを続けないんだ!!」 お怒りはごもっともです。 でも人の意思は弱いです。 易きに流れます。 モチベーションをあげるためにあの手この手を考えていく前提でいると無駄に怒る回数は減ります。 モチベーションの維持のために、定期的…

卒業式前日の学級通信

大変、恥ずかしいのですが、こんなの載せてみようと思います。いかがでしょう。 西村健吾先生の「学級通信の極意」という本を参考にしております。 スペシャリスト直伝! 小学校クラスづくりの核になる学級通信の極意 実物資料編 作者: 西村健吾 出版社/メー…

人から嫌われても、思うように生きる

あれ、記事の中身が消えてる。 ということで、中身をもう一度書きました。 ついでに題名も 「人から嫌われてもなんとかなる」 ↓ 「人から嫌われても、思うように生きる」 に変えました。なんだか、ロックンローラーに憧れる10代の少年のような青臭い題名にな…

人からどう思われてもいい。自分の考えは述べる

私は初任の頃に、主任とうまが合わなかったようです。 その当時の私はとにかく主任とうまくやろうと、必死に話を合わせ、かなり従順にしていたと思います。(自分で言うのもなんですが) しかし、最終的に主任に 「私の考え方が気に入らないことは知っている…

鋼のメンタル

初任の頃に私は良くこんなふうに思っていました。 「みなさん、なんてメンタルが強いんだ。」 職員会議で、ガンガン言いたいことを言う。 子どもが退屈そうにしててもノリノリで授業する。 嫌われることなど考えず、ガンガン子どもに指導する。 こうした場面…

子ども主体の授業

最近、理科の授業で、私の出番がほとんどない時があります。 問題を設定し終わった後、予想して、実験方法を考える場面では、ほとんど子どもたちが声をかけあって、授業を進めてしまいます。 それだけ、授業がパターン化しているということなので、あまり喜…

結果にコミットする自主学習

宿題を自主学習という形で行う流れはここ何年かで加速しているように思います。 ノートに漢字練習でも、計算練習でも、調べ学習でも、日記でも自分の課題に応じてやることを変えていくやり方です。 しかし、このやり方。最初は子どもたちも張り切ってやるの…

学級満足度を数値化

子どもにとって、今のクラスは満足いくものかどうか、担任なら気になるところではないでしょうか? 常々私は学級満足度が数値化できればいいなあと思っていました。 まあ数値化できるとは思いませんし、そもそも絶対的な尺度でクラスは測れないと思います。 …

主体性と放任・責任

主体性を子どもに求めるのなら、教師はあれこれ口出ししたり、先回りして何かやってあげるのはタブーです。 子どもが最初から最後まで自分の目的達成のために、試行錯誤した結果、成功体験ができれば最高です。 しかし、ここで大事なのは成功体験をさせるこ…

完全無欠な学級経営

今日は、2人の初任者の授業研究会でした。 どちらの初任の先生も素晴らしい学級経営をされていて、ものすごい焦りを感じました。 とにかく、子どもの意見を否定せずに、思いをどんどん引き出していく。 子どもたちとの対話の中で、板書を作っていく。 子ども…

なぜ子どもを制圧しようとするのか

子どもに怒りをぶつける目的は子どもを制圧するため。 これは、教師としては認めたくない事実です。 おそらく、次のように答えるはずです。 学級の秩序維持のため 礼儀を教えるため 社会で通用しないと思ったから 他の児童の心を傷つけたから …とにかく 「子…

怒る目的

怒るではなく、叱る。 こんなことは、よく教師の間でも言われます。 しかし、感情に任せて理不尽に叱り飛ばす教師の多いこと多いこと。(私もそんな一人ですが…) 前のブログにも言い訳がましく書きましたが、教師の間でも怒りの感情にまかせて、子どもに相…

沸き起こる怒り

やってしまった… 理不尽に子どもを叱ってしまい、後悔したことはありませんか? 教師はこれをしてはならないというのは頭ではわかります。 子どもとの信頼関係にヒビを入れてしまうのは言うまでもありません。 何より、一度怒りの感情にとらわれると、なかな…

先生の陰謀

「先生、放送委員会を操っていません?」 昨日、先輩の先生に言われたことです。 その先生と私はバンドが好きで、二人で飲みに行き、よく音楽の話で盛り上がります。 昨日、放送委員会の子が 「先生、これ流してもいいですか?」 と言って、 Mr.Children 終…

高学年女子

男性教員にとって最大の壁となりうる存在だと思います。 私は2年前の6年を受け持った時、クラスの女子の中心的存在にこう言われました。仮にAさんとしましょう。 「私先生のこと嫌いだし。」 なぜ、このようなカミングアウトがあったかというと… 6月の終わり…

ハロウィンパーティー

イツノマニカ日本に浸透したこの文化。 私が小学生の頃は、国際理解の教室で、どうやらアメリカでは「お化けの格好をして、はしゃぐ文化があるらしい」と学ぶ程度の「遠い文化」でした。 しかし、私が初めて担任を持った頃からハロウィン文化はすでに定着し…

300回を超える理由

続けること そのためにモチベーションを下げないこと そのために変化し続ける必要があります。 子どもたちの友達に対するとらえを変化させ続けます。 大縄が苦手な子に対して 足を引っ張る→苦手なのに、付き合ってくれてる 大縄が得意な子に対して えばって…

324回

とうとう、大縄300回超えました!324回。 なんだそんなことかと思われるかもしれません。 たかが、大縄。されど大縄。 どんなことでも、クラスのみんなで目標達成したという実感が大事です。 私自身が子どもの頃は、団結を求められることはあまり好きではな…

高学年って…

みなさんは高学年にどんなイメージをもっているでしょう? 素直じゃない 反応が薄い 斜に構えている あいさつをしない 発言が少ない 陰険 反抗的 自分が所属しているグループにしか興味がない 思春期の子とそうでない子が 混在していて、扱いが難しい集団で…