小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

人との関わり

f:id:kengobonbei:20170404051112j:image

 

前任校の後輩の夢を見て目が覚めた。

…寂しい。

 

早速ホームシックになってしまいました。

 

 

昨日から新任校勤務。

 

初任校でお世話になった先生、そして、同じ学校から一緒に異動する先生もいるので、校長室で待機している際はあまり緊張していなかった。

 

しかし、いざ職員室へ案内され、職員全員の前に立ったら一気に緊張した。

 

全員俺を見ている…値踏みされてる…

(あくまでも主観です。自意識過剰と言い換えることも)

 

そして、挨拶。2番手

特に何も考えていなかったので、その場の思いつきで

「初任校でお世話になった先生もいらっしゃって、懐かしいような気もします。でもやはり新鮮で、とても緊張しています。よろしくお願い致します。」

 

???不思議ちゃんかよ…

 

一拍間を置いて、みなさんの拍手。

「え、終わり?」

といった感じの戸惑いが見られるまばらな拍手。

 

これ、ふたせんさんが言う、スピーチが長い、短いの話以前の問題じゃないか…

「スピーチと女の子のスカートは」 - 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

 

この話、本当に共感する。

 

やはり、人前で話をする以上、何を伝えるかは明確にしないとダメだと思う。

 

お互いにとって無駄な時間だ。

 

先生という仕事につくと、自分の話を聞いてくれる子どもの前で話すことが前提となる。

さらに、話を聞かない子がいれば、指導という名のもとに注意もする。

 

つまり、

「話を聞かない人を悪とする環境」

にずっと身を置くことになる。

 

だから、人前で話すとき、

「相手の時間をもらっている」

という意識が薄れてくるから、中身のない話を平気で長々としゃべる。

 

昨日の私の場合

 

「よろしくね。がんばるから仲間に入れてね。仲良くやろうね。」

 

ということが一番伝えたかったので、それをうまく言えばよかったんだ。

 

で、これは人と接するときも大事だと思う。

 

人と接するとき、なんとなく相手に合わせて話をするのは無意味だ。コミュニケーションって結局、相互理解が目的ではないのだろうか。

 

「私はこんな人ですよ。あなたってどんな人?」

 

ということを意識しないと、ついその場をこなすだけの関係になってしまう。

 

それは実につまらないし、寂しい。

 

昨日はついついまわりをうかがってしまった。

私にしては珍しくととりあえず笑顔で穏やかに相手と接することばかり意識して、なんだかよく分からないまま1日が終わってしまった。

 

人からどう見られてもいいや。

相手がどう思うかはコントロールできない。

無理に好かれようとしても、どこかに無理が生じるし、最終的にはお互いにとって価値のない時間を過ごしたこととなるだろう。

 

本気で相手と接して、生涯付き合っていける仲間を作っていきたい。

 

その過程でまわりを傷つけず、上手に自分を出してのびのびと日々を過ごそう。

 

今日からは、自分ってこんな人ですよ。というのを少しずつ出していこう。

 

さらに、相手に興味をもって、その人が何に喜び、怒るのか知ろう。

 

居心地の良い場所とは、もう別れたんだから。

後輩の夢を見てる場合じゃない。

新しい場所で、新しい出会いを大切にやっていこう。

f:id:kengobonbei:20170402144140j:image

 

ちょっと目を離した隙に、熱いブログが世に出されているではありませんか!

 

[実践]今よりもマシな授業づくりのためのチェックリストを作成しました! - まなびと!

 

この方のブログいつも熱い!常にものすごいクオリティです。見やすい。わかりやすい。文章も警戒。

見習わねば。

 

今回は学び合いについて。

 

 

びっくりしたのが、この記述。

 

話し合う必要のない作業の協同

「作業の協同」の実践方法はとてもシンプルで、

説明よりも先に、生徒で協同して演習を行う
生徒が壁に当たってから一斉に戻して説明する
協同する必然性のある評価を行う

 

一番の衝撃は

一斉指導は子どもの躓きのあと

というところ。

 

 

でも、これ確かにそうですよね。

事前指導がグダグダ長いのは、自分が子どもなら耐えられない。

 

逆に言えば、子どもが説明を受けずとも目的がはっきりしていて、早くやりたい!自分たちでいける!

 

と思える流れを作ることが大事なんだと思いました。

 

 

 あー、はやく授業したいなー。

 

なんか、今波が来ていて。

いろんな方がブログで取り上げる内容が全て

「あれ、これ私のために書いてくれてる…?」

と勘違いするくらい。

 

欲しい情報や、新たな視点をいただいてます。

 

なんだか本当にいつも、申し訳ないくらい我ながらついているなあ、と思います。

完全な勘違いかもしれませんが(笑)

新しい学校でもいい出会いがある気がしてならない!

 

新年度が始まる前にたくさんの知識、考え方、モチベーションを授けてくださる皆さんに感謝です。

学び場

f:id:kengobonbei:20170402120646j:image

 

今年度の目指す先が見えて来た!

今はいい時代。

ふたせんさん主催の「学びを遊び尽くす会」最高です。

Facebookのグループで自分の成長計画や、クラスのビジョンを投稿し合うのが楽しい。

めちゃくちゃ刺激受けます。

 

もちろん、ブログでも皆様から多大なる影響を受けておりますが

学び続ける「成長計画」を作ろう!作り方と期待効果 - 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

 新年度は職員室での生産性を上げよう - ならずものになろう

 

 

何より

 

1人で頑張ってる感がない

フィードバックがある

 

1人でどうしたらいいか分からない。

学年の先生にも話を聞けない。

そんな初任者は初任者研修なんかより、こっちへ参加してください(笑)

 

また、ある程度経験を積まれて、最近マンネリだなー、今ひとつ突き抜けられないなー。とモヤモヤしている中堅の型。

ふーん、若い人も頑張ってんのね、とちょっと興味が湧いたベテランの方もぜひ!

 

本当にオススメ。校外のつながり大事です。

興味がある方はコメントください。

 

今日、私が投稿したのは以下の通り。

 

子どもとの関わりと考察、改善アクションプラン(自分自身の成長計画とは別)

 

【基本スタンス】
学校は成長の場である。
成長はチャレンジしない限りあり得ない。
まずは、自分にできることから始めよう。

指導する際、行動を変えることの価値が伝わるように、毎回プレゼンする。

 

クラスの成長ステップは次の通り。 

 

1.クラスの運営を自分たちでできるようにする。
2.自己実現に向けてチャレンジする。

 

はじめは子ども同士で「やらなければいけないこと」に気づいて声をかけあって動けるように、教師が声かけをする。
ある程度子どもたちでなんでもできるようになると、「〜した方がいいですか?」と子どもが自分の判断を教師に委ねる場面が増えてくる。
その時、「〜さんはどうしたいの?」と聞き返し、少しずつ自分で考えて判断していくことを習慣化していく。
→・クラスの問題を自分ごととして捉え、解決しようとアクションを起こすようになる。

昨年度はほとんどの子がここ止まりだった。
以下の4点に関しては、あまり見られなかった。

・自分の興味、関心をもとにアクションを起こす。
・自分の課題を見極め、解決しようとアクションを起こす。
・日々の楽しさを自分で生み出すことができる。
・やりたいことを次々と見つけることができる。

まだまだ、「やらなければならないことを完璧にやらせること」を求めていて、本当の意味での主体性は発揮されていない。
なぜ、ここ止まりだったのか、原因は大きく3つあると考える。
1つめは、教科に授業時間を使い過ぎ、学級活動の時間の確保ができなかったこと。
2つめは、私の立ち居振る舞いで、子どもを萎縮させていたこと。
3つめは、子どもたち一人一人の成長ビジョンと、スモールステップにおける成長計画が甘かったこと。

と考えている。

今年度は自分の好きなことを追求したり、周りを巻き込んで自己実現していく経験を子どもにもっと積んでいってほしい。
そのために、次の3つを実行していく。

1つめは、教科に授業時間を使い過ぎ、学級活動の時間の確保ができなかったこと。
→単元の最初に、制限時間をこどもに設定し、授業のはじめに、残りの時間を毎回確認する。

2つめは、私の立ち居振る舞いで、子どもを萎縮させていたこと。
→子どもが自分からやりたい!といってきたことに関して、ダメ出ししない。トライアンドエラーを許容する。
→子どものチャレンジが失敗した後、ダメ出さず、次やるときにどうすれば成功すると思うか考えさせる。(過去をほじくり返さない。未来志向)

3つめは、子どもたち一人一人の成長ビジョンと、スモールステップにおける成長計画が甘かったこと。
→年度初めに、子ども一人一人に年間の自己実現目標を立てさせる。
週ごとに目標設定し(月曜日)、金曜日に振り返り、目標達成の経験を少しずつ積ませていく。

また、以下の子ども
◯他者との関わりの中で喜びを見出す子ども
・友達に興味をもって関わろうとする。
・友達の良さに目を向けて、自分の成長に生かそうとする。
・自分にできないことは、友達に助けを求めようとする。
・友達と協力して何かを成し遂げる良さを知っている。
・友達を喜ばせることに喜びを感じる。

に育てるには、子ども同士の信頼関係を深めていくことが不可欠だ。

他者との関わりが自分にプラスになるという経験をたくさん積ませたい。

・友達に親切にしたらみんなの前で先生に褒められた。(高学年は逆効果の恐れあり)
・授業でミニ先生をしてもらって分かった
・体育の授業で、友達の真似をしたら上達した
・授業における対話活動で自分の考えが深まった
・風邪で休んだら、手紙が来て嬉しかった
・誕生日を祝ってもらって嬉しかった
・みんなに、すごい!と認められて嬉しかった
・クラスレクを企画したらみんなが喜んでくれて嬉しかった
・みんなで協力して、運動会を成功させられて感動した。
・友達の誕生日のサプライズを企画したらすごく喜んでくれて嬉しかった。

以上のような経験をさせるために3つのことを実行する。
1.規律の徹底。正直者が報われるクラスへ。
2.授業における学び合い。(あまり関わってない人と関わるチャンス)
3.友達との関わりについて行動計画を立て、(月曜日)友達と関わることで得られたことを振り返る。(金曜日)

 

よし、明日からがんばろー!

鼓舞

f:id:kengobonbei:20170401195914j:image 

 

やはり、blogっていい。

頑張っている方の記事を読むとやる気が出る。

 

寝っ転がってる場合じゃない!という気になれる。

 

新年度に向けて、

みなさんが着々と準備されている様子を知り

 

空回り - しがない教員の学校・学級・生活日誌

 

私も、今年度新たに取り組みたいことを考えてみた。

 

昨年度は、

授業の進行をかなり子どもに任せた。

 

その学習効果については未だ検証中だが、間違いなく主体的な態度を身につけていくうえで、役に立ったと捉えている。

ふり返り - 小学校の先生を120%楽しむ毎日 

今年度はそれにプラスαでさらに主体性を育む手立てを講じていきたい。

 

◯今年度取り組みたいこと

1.自己実現の支援

一人一人が学校生活の中で成し遂げたいことを設定し、目標を具体的にスモールステップで丁寧に設定していくようにしたい。

昨年取り組んでみた「1人1企画」

 1人1企画持ち込み、プレゼン大会 - 小学校の先生を120%楽しむ毎日

 

ここで大事なポイントは3つある。

 

①達成するのを考えただけでワクワクすることを設定すること。「やらなければならないこと」を設定しても続かない。

 

②具体的なステップを設ける。

 

③期限を設ける。

  

自主学習もその中のスモールステップで目標を達成していくためのツールとする。

 

 

2.子ども同士が鼓舞し合い、新たにチャレンジしたくなるシステムづくり

 

褒め言葉のシャワー

自主学習の紹介

頑張りの見える化→微妙。要検討

(テスト満点の人にシール)

(班単位の挙手回数チェック)

 

 

まだ、ゆるゆるらだけど、こんな感じです。

 

さあ、明日もっと具体化していこう。

ワクワクしてくる。

船出

f:id:kengobonbei:20170331202025j:image

 

本日、初任校最後の勤務が終了しました。

 

不思議な感じ。

 

みなさんへ向けてのスピーチはまあ微妙でしたけど(笑)

 

理科支援員、臨任時代合わせて、9年間。

 

出会った先生方、そして子どもたち。

 

すべての出来事が愛しくてしょうがない。

 

本当にありがとうございました。

 

みなさんとの出会いを無駄にしません。

 

次の学校で、意識することは基本的に1つ。

 

それは、

 

他者を大切にすること

 

振り返ると、初任校では自分のことばかり考えていた。

 

明日の授業どうしよう?

職員会議の提案資料どうしよう。

クラスの子どもとうまくいかない。

あの先生とうまくいかない。

 

そして、

 

どうやったら周囲に

認めてもらえるだろう

 

ということ。

 

そんなことばかり考えていた。

 

少しでも、認めてくれないと感じれば、分かってくれない!と怒った。

 

 

日本3.0 2020年の人生戦略

日本3.0 2020年の人生戦略

 

 この本によると、

現代では無私になることがとても難しくなっており、自己愛がもっとも肥大化した時代としています。

その根拠として、TwitterFacebookなどのSNSにおける投稿について言及しています。

猫も杓子も自分のことについて語っています。しかも中身は他人にとってどうでもいい話ばかりです。普通の自分と、なんだか充実していそうなSNS上の自分。現代人とは、もっとも実態と自己評価が乖離した人たちなのです。

 

めちゃくちゃ同感。

 

今の日本人は自尊心は強いけれども、自分に自信はないという、なんともアンビバレントな状況に置かれている人が増えています。ただし、多くの人は自己愛は強いものの、他人の自己愛には不寛容です。

 

あ、これ私です。

認められないと怒る。

なんていうのは、自尊心はいっちょまえで、自分に自信がない証拠。

 

 

だいたい、周囲に認められようとする前に

 

周りの人たちのことを理解しようとしていただろうか。

周りの人が何を望んでいるのか、本当に分かっていたんだろうか。

 

そこに目を向けずに、認められようしても自分も周りも苦しくなるだけだ。

 

そもそも

周りの人たちの幸せを願えていただろうか。

 

他者の喜びを本当に自分のことのように喜べていたのだろうか。

 

周囲に認められて成し遂げたかったことはなんなんだろう。

 

様々な疑問が浮かぶ。

 

やはり私の成長戦略は

 

①自分探し(何を成したいのか)

②他者を大事に(喜びのシェア)

③共感を得る(仲間の獲得)

 

次の学校では、何より②を意識!

 

周囲ともっともっと、

喜びをシェアできるようになりたい。その結果自分を応援してくれる仲間が出来れば最高だ。

出会い

 f:id:kengobonbei:20170331060328j:image

 

今日が初任校最後の出勤。

 

なんだかソワソワする。

そして、寂しくてせつない。

 

初めて理科支援員として、現勤務校にきてから9年が経つんだ。

 

9年といったら小学校に入学してから小中学校を卒業し、高校生になるほどの年月。

 

 

自分にそれほどの変化はなかったにせよ、間違いなく成長できたという手応えがある。

 

本当にいろんなことがあった。

そしてその全てが自分を成長させてくれた。

 

臨任時代、クラスもうまくいかず、主任ともうまくいかず、それこそ四苦八苦していた。

翌年、担任を外され理科専科になったとき、本当に悲しかった。

 

でも、そこでやめずに続けられたのは励ましてくれた先輩。心よく授業や学級の様子を見せてくださった先生方。

たくさんの人がいたからだ。

 

そして、前向きに自分の授業の腕を上げようと思えたのは、やはりこの仕事が好きだったから。

どうしてもなりたい自分の像が明確だったから。

どうしてもなりたい自分の像は、このとき間違いなく5,6年生の担任の先生だったのだと思う。

でも、今の自分はそんな先生像とは程遠く、諦めかけていた。

 

そんな折、出会った副校長先生。

この先生と会っていなければ、今とは全然違う自分になっていると思う。

教師になってからもっとも影響を受けた先生だ。

 

学級経営のこと、授業づくりの考え方、子どもの捉え、全て学んだ。

そして、翌年私を担任にと、校長にお願いしてくれたのもこの先生。

私にとって本当のメンター(人生の師)なのだ。

 

 

理科専科時代、とにかく必死で授業を考え、手応えを感じ、少しずつ自信を取り戻すことができたのは、この副校長先生の存在が大きい。

 

 

理科専科をしていて、

「俺が担任外されて、なんでこの人が担任やってんだ!俺の方がよっぽど子どものこと考えて、努力もしてる!」

 

なんて思ったことももちろんあった。

 

でも、今は出会った先生方、子どもたち全てに感謝の念しかない。

実に晴れやかな気分だ。

 

なぜかというと、今が本当に満たされて、幸せで、自分に自信が生まれつつあるからだ。

その自信とは「自分はなりたい自分になれる」という自信だ。

そして、自分をそんな風に思えるまでに育ててくれたのは、出会った全ての人のおかげだと気付いたからだ。

 

臨人時代に組んだ学年主任の先生とも飲み交わしたい。

「本当に迷惑かけました。でも、主任もあれはないよ!」なんて笑いながら話せる気がする。

 

 

そう思える自分が嬉しい。

 

 

 

今日は、離任する先生が職員の方々にスピーチする機会がある。

 

今度は失敗しない。いや、できない。

今感じているみなさんへの感謝を少しでも伝えることができればと、ただただ思う。

 

 

なんだかんだ腹が立つこともあったけど、職員のみなさん、大好きでした。そういう気持ちを伝えたい。

学び

f:id:kengobonbei:20170330222200j:image

 

あっという間に1週間近くblogをサボってしまいました。いかんいかん。

 

今週もなかなか盛りだくさんでした。

 

 

日曜に体調を崩したものの

月曜   職場へ行き、教室整理、荷物整理

火曜   ふたせんさんの学びを遊び尽くす会(メタ認知

水曜   職場の若手飲み会

木曜   次のセミナーの実践提案の準備

 

 

つくづく周りの人からパワーをもらってます。

すごく学びになっています。

もちろん飲み会も大きな学びの場です(笑)

 

 

さて、今回は火曜にあった学びを遊び尽くす会について。

 

すでに、ふたせんさんが記事を書かれていますので、それをもとに私も感想を。

 どうして自己を見つめるのか?【メタ認知】 - 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

 

 

今回は前回の「メタ認知」から、自分について見つめていきました。

この「メタ認知」という作業、なかなかのハードワークで。

22項目について、自分で約30分ずつかけて書き出していきます。

約10時間以上、ガシガシやってきた先生方に敬意を表します。

 

いや、これ本当に楽しかった!

まあ、あまり向き合いたくない嫌な自分や、弱い自分ともとも向き合うことになるので正直しんどい時もありました。

でも、私はもともと自分自身のことについて悶々と考える癖があるので、言語化していく中で様々な発見がありました。

 

その中でも、一番の収穫は

 

どうせ「俺ってなんでこうなんだ」と悶々とするなら、言語化して記録しないと損。

 

ということ。

悶々としている原因が明確になり安心感を得られます。

 

そもそも、何に苛立ったり、不安感があったりするのか。そこを、自分に問いかけていく作業はすごく大事だと感じました。

 

 

例えば

Qなんであの時、あんな風に言われて腹がたったのかな?

 

A自分を見下しているように感じたから。

 

Qなんで、見下されて腹がたつの?

 

Aあ!認められたかったからだ!

 

Qでも、そもそもなんで人に認められたいのかな?

 

A人には承認欲求があるからじゃないの?

 

うーん、この答えはしっくりこないな…

 

 

という感じでどんどん自問自答していくのです。

 

最初はざわついている心もだんだん静かに落ち着いていくのが分かります。

 

何より早朝4時ごろから、ふたせんさんとお互いの考えを議論し合うのが楽しくてしょうがない!そこでまた、新たな気づきも生まれ、自分に対する認識もより深まります。

 

 

自分についてプレゼンしてもらいました。

そのスライドもとてもいい!面白い!

 

そのプレゼンは

・自分とはどんな人間か

・理想の子供の姿はどんな姿か

・理想の教師の姿はどんな姿か

・現状はどうなっているか

・現状と理想を見つめ、そこを埋めていくためにはどんな成長計画を立てればいいか

 

プレゼンめちゃくちゃ緊張しましたが、みなさん真剣に、そして頷きながら優しく聞いてくださるので、相当モチベーションが上がります。最高のオーディエンスです。

 

そして、私もなるべく良いオーディエンスとなれたかな。

 

メンバーのみなさんとはまだ会って2回目ですが、Facebook上で自分とは…と自己開示しているので、なんだか凄まじい親近感と共同体感覚を持ってしまっています。

 

勇気を出して、ふたせんさんに連絡をとって本当に良かったと思います。

 

 

 

そして、この会

4月23日(日)

渋谷にて

もう少し大々的に行うそうです。

 

オーディエンスにコンサルの方や外資系の金融関係の会社でバリバリ働いている方なども来ていただくそう。 

 

興味がある方は是非、私でもふたせんでもいいので、ご連絡お待ちしております。

まずは、オーディエンスから。

 

どんなフィードバックをいただけるか今から楽しみです。

 

 

そして、この会の後、CKenのセミナーの打ち合わせをふたせんさんと、もう1人の事務局のSさんと一緒に。

 

ふたせんさんと、Sさん。

即意気投合。思った通りでした(笑)

 

学びについての熱い思いが語られます。

 

「やっぱりもっと学びたいよね」

 

3人が出した結論です。

 

いろんな方の考え、子どもへの接し方、実践、社会をどのように捉えているか、などなど。

もっと知りたい。もっと自分自身の考えを深めたい。

 

そんな思いにあふれている。

そんな3人で飲んでいることが嬉しい。

CKenのセミナーの運営についてふたせんさんと語れることが嬉しい。

学びたいという純粋で前向きなパワーは周囲にも力を与えてくれる気がします。

この3人ならなんだかセミナーの運営もうまく気がして、ものすごく勇気が湧いてきました。

 

ちなみに

5月20日(土)

新横浜の浜流(ハマル)にて

西村健吾先生をお呼びして

 

セミナー開催します。

みなさん是非!お会いしましょう!

f:id:kengobonbei:20170330221835j:image

5月20日 第2回 週明けが楽しみになるセミナー in浜流

 

 

ふたせんさん。

良い出会いと学びを本当にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。