小学校の先生を120%楽しむ毎日

超人見知り。内向型人間です。でも先生やってます。セミナー開催もしています。

卒業していく6年生に伝えたいこと

今年度、5年生担任の私が、6年生の算数を任された。

 

正直、関わりが中途半端だったし、納得のいく授業をすることが全然できなかったし、子どもたちとの関係性も微妙だ。

1回1回の授業に、その「時間」に、もっと真剣に向き合っていれば、もっと違う結果を得られただろう。

 

しかし、おそらく2月までで教科担任制は終わってしまう。

その前に子どもたちに少しでも何か伝えたい。

そんな自分が何を伝えたいかというと・・・

 

「命の使用責任者は自分である」

ということである。

 

どういうことか説明する。

私から見た6年生は、基本的に人懐っこいし、そこそこ素直。

ただ、色々と・・・

「甘い」「ゆるい」「ぬるい」そんな風に感じていた。

 

ただ、そんなのとんでもなく上から目線。

「そういう自分はどうなんだよ」である。

 

6年生との関わり方、向き合い方がまさに「甘い」「ゆるい」「ぬるい」に尽きる。

「価値ある時間を子どもたちと創っていく努力」が足りなかったのだ。

授業も自分のやり方に固執して、その結果うまくいかないことを子どものせいにしていた。

だからこそ、自分と6年生の子どもたちとの距離感がある。

私がもし、子どもたちともっと真剣に向き合い、子どもたちの思いを丁寧にヒアリングして、それを授業に活かせばもっと喜びを共有できたはずだ。

このように後悔することは・・・

もったいない。実にもったいないことだ。そして、寂しい事だ。虚しいことだ。

 

 

なぜなら、

「命とは時間」そのもの。よって、有限である。

そして、限られた時間をどう過ごすかの決定権は、幸い日本のような国では個人に委ねられている。

「授業とは、教師と子どもが限りある命を差し出し、共有している状態」だ。

そんな状態で、お互いの命をどう使うか、決定権は私にもあった。子どもたちにもあった。

 

私が感じている「寂しさ」や「虚しさ」は紛れもなく、この辺りの事情に起因しているはずだ。

要するに、

「6年生の子どもたちと私でシェアできた喜びはもっとあった」

と思っている。

 

その時々で、できる限りのことをして、周りの人と喜びをシェアしていく。

それは、私が目指す生き方だ。

無論、子どもたちは違った生き方をしていいと思う。

 

ただし、少なくとも学生時代は

自分のためだけに、自分のプラスになるように、時間を過ごして欲しい。

そして、自分にとって何がプラスになるのかをよく考えてみて欲しい。

 

大きなお世話だろうが、そう願わずにはいられないのである。

その活動に何の意味がある?どんな価値がある?

タイトルの問いに常に答えられる教師でありたいと改めて感じました。

 

…どういうことかというと。

 

先日入ったクラス。

自分の体調が悪く、課題を出して、ほぼ自習体制。

まあ、もともと算数の単元は全て終えているので、あとはひたすら問題を解いて、定着させるしかないんですよね。

 

最初、教えあっている様子の子どもたち。

だんだん声も大きくなり、雰囲気も教えあいからおしゃべりに。

 

集中力が完全に切れた状態。

 

「周りの人のことを考えて課題に取り組もう」と息も絶え絶えに言うものの静まらず・・・。

 

内心、

「このやろー」

と思いましたが、ガツンと怒る気力もない。

 

が、最後の最後に一線を越えた女子を発見。

手ぶらで友達の机のところまで行って楽しくおしゃべりしておしまい。

 

周りの子どもたちも、

「あいつ、何やってんの?」と流石に眉を潜めています。

 

これは、まずい。見逃すわけにはいかない。

少し声をはります。

 

「あのさあ、さっきから何も持たずにフラフラフラ。何してんの?」

 

しーーん。

 

「はい、ちょっとおいで」

 

しーん。

おそるおそる、私の側に来ます。

 

 

「号令終わったら、廊下で話そう。聞きたいことも、言いたいことも山ほどある」

と、周りにも聞こえるように宣言して

「じゃあ、号令お願い」

 

 

さあ、廊下であれこれ話します。

本人、反省してる風のことを言います。

あれこれ、言い訳も言います。

私は黙って目を見て頷いて、ひたすら話を聞きます。

 

話がひと段落ついたとき、満を持して私は口を開きます。

「先生がなぜ、怒ったのか分かる?」

「みんなに迷惑をかけたから?」

「違う。あなたが、みんなの信頼をなくすようなことをしていたから。あなたが中心になって、自分たちで価値ある時間を作れると期待しているから」

さらに追い討ち。

「今の時間、あなたにとって、みんなにとって価値はありましたか?」 

「・・・いいえ」

「今の話を聞いてどうしたい?」

「みんなにあまりたいし、信頼も取り戻したい。自分たちにとって価値のある時間をつくりたいです。」

 

という経緯があり、今日はその子たちが、前に立って、「自分たちで課題を真剣にやろう」と呼びかけることに。

 

「前回は、みんなに迷惑をかけてすみませんでした。私たちもうるさくしてしまったのは、悪いんだけど、前回は全体的に、みんなうるさくて集中できない人もいたと思う。周りの雰囲気に流されて、どんどん目的を見失ってしまうのがこのクラスの課題だと思うので、今日は集中して、みんなで課題をやっていきましょう。」

 

「・・・はい」

なんとなく決まりが悪そうに返事をする子どもたち。

そう。たまたま目立った2人が注意されただけで、実は全員うるさかったし、真剣に課題に取り組んでいなかった。

それを子どもたち自身が1番よく分かってる。

 

どんよりと暗い雰囲気で、カリカリと鉛筆を走らせる子どもたち。

 

いかん。なんとか持ち上げたい。

そう思い、以下のことをベラベラ喋る。

 

 

この授業は、

一定時間に、どれだけ量をこなせるのか、挑戦する時間

です。

 

限られた時間で、

量をこなすことが出来る人は、質を高めることが出来る

ようになります。

 

そこに大きな価値があります。

 

どういうことか、説明します。

 

例えば、テストは45分間の間にどれだけ正確に答えを書くことができるか「回答の質」が問われます。

ここでいう回答の質とは「聞かれたことにどれだけ丁寧に答えられているか」です。

 

ところが、このテストの点を高める時に、質を高めるには、見直しをして、何度も問題を解き直して、答えを検証しなければならない。

 

つまり、回答の

質を高めるには、まず問題の量をこなさないといけない。

ということです。

 

これはあらゆることに通じることだと思います。

スポーツや、楽器の演奏なんてまさにそうでしょう。

サッカーならボールを蹴れば蹴るだけ。

楽器なら演奏すればするだけ上達するでしょう。

(まあ、練習の量だけでなく、内容と質も大事ですが…)

 

仕事でもそうです。生産性とか言われています。

限られた時間にどれだけ価値あるものを産み出せるのか。それが、社会人になったときに問われます。

 

 だからこそ

限られた時間に、どれだけの問題をこなせるのか

 

この限界にチャレンジすることは価値のあることだと思います。

 

・・・というようなことを言ったら、

全員一言も喋らず、最後まで集中。

ここまで変わるのか・・・。

 

やはり、その時間の価値を示すことが大事だな、と感じました。

その活動に取り組むと、自分たちにどんな良いことがあるのか、それを分かってもらう努力を怠ってはいけない。

 

 

そのためにまずは、

教師がその時間の価値を誰よりも信じられるような授業計画を立てる

こと。

 

次に、

その時間(活動)の価値を子どもに分かりやすくプレゼンする

こと。

 

それをサボってはいけない。

 

子どもを思い通りに動かすことが目的になっていた。

子どもに身につけてほしいことがあるから、こちらの意図する態度で活動に臨んで欲しいんだ。

 

 

それを忘れないようにしなければ。

ナカシマさん

この方のメルマガ登録した方がいいです。

 

ナカシマさんは

  •  チームのリフレクション研修
  • 対話や組織開発に使えるツールの開発
  •  リフレクションに関する各種相談、コンサルティング

などやっておられるそうで・・・

ブログも非常に勉強になります。 

下記サイトからメルマガ登録できます。

まずは、サイトを見てみましょう!

hisa-magazine.net

 

 

今回のメルマガで特に響いたところを抜粋します。

経験の連続性という原理を頭に置くと、将来こんな仕事がしたい!こういう働き方がしたい!と考えている方は、それに繋がる仕事・経験が今できているのか?それを考えることが大切になることがわかります。

「今の時代は、みんなが経験の獲得競争をしている」という言葉がありますが、どんな経験を獲得するかで、将来どんな経験(人生)を獲得できるかが決まってくるというのです。

良い経験はみんなが狙います。全員が良い経験をできるとは限りません。

私たちは将来に繋がる経験を、人間社会の群れの中で獲得できているのでしょうか。

私たちが良いキャリアを築くためには、日頃からそう考えることが必要なのかもしれません。

 

これは、学級に当てはめてみてもそうだなあと思いました。

こちらとしては、子どもたちに良い経験をしてもらおうとあれやこれやと考えを巡らしているわけですよね。

だからこそ「子どもたちが経験の獲得競争をしているクラス」にしたいと思ったことはないですか?

私の2年目のクラスの学級目標なんて、超直球でした。

「みんなで協力し、なんでもチャレンジするクラス」

 

子どもたちがとにかく積極的に、挑戦しようとしている。

新たな経験を積もうとしている。

そんなクラスにしたかったですし、今もそういう欲はあります。

 

ただ、ですね。

こちらが提供する経験の機会は、すべての子にとって、「良い経験」になるかは分からないのですよ。

 

良い経験のためには目標(自分がどう在りたいかを把握していることも大切です。

目標があるから、それに近づくためにこんな経験をしよう!というのがわかります。目標がないと、どんな経験をすればいいのか決めることができません。

 

ここなんですよね。

「自分がどう在りたいか」

子どもたちがどれだけ自分と向き合っているか

活動に臨む目的意識と言ってもいいのかもしれません。

いずれにしても、子どもたちの下準備がどれだけできているかで、同じ経験をしてもそこから得るものがまるで違ってくるはずです。

 

例えば、人前に立って話すことが苦手な子がそんな自分を良しとするか、「変えたい」と願うか。それによって、「人前に立って話す」という経験がその子に与えるものは大きく変わってくるでしょう。

前者の場合、「人前に立って話す」経験はその子にとって回避すべきことで、そもそも経験することに価値づけはしないでしょう。一方、「人前に立って話すことが苦手な自分」を「変えたい」と思った子にとって、「人前に立つ」という経験は、まさしく乗り越えるべき「課題」となり、挑戦に値する「経験」だと価値づけするでしょう。

 

自分がどんな目標を持っているか、も定期的に思い出してみることが必要なのでしょう。ということで、やはりリフレクションが大切ということなのです。

 

 やはり、リフレクションで「自分がどう在りたいか」を探って行くのは、必要ですよ。

教師こそ必要。

目標がなければ、子どもたちとの関わりも何もかも、日々ルーティンになるだけ。

「人生は、ただ単に、仕事して休暇をとってやり過ごしていく」だけになってしまう。

 

 

ということで、皆さんもぜひ、Learn my wayをご利用ください。(なんてさりげない宣伝)

キングコング西野亮廣講演会@都筑公会堂「親や先生こそ知っておきたい!夢を叶えるためのお金と広告の話」

\600席満員御礼!!/ キングコング西野亮廣講演会@都筑公会堂 「親や先生こそ知っておきたい!夢を叶えるためのお金と広告の話」

 

行ってきました。

 

3000円で、「革命のファンファーレ」と講演のチケットが手に入る夢のようなイベントでした。

 

今日、学校で仕事をしながら「革命のファンファーレ」を読了。

最高に「西野亮廣」という人に興味がある状態で参加したので、

7:00〜8:30まで、脳みそフル回転で講演を楽しめました。

 

正直、話の内容は西野さんのブログ

ameblo.jp

や書籍などでほとんど知っていました。

 

でもね。陳腐な感想なのを承知で言わせていただくと、生で本人が話すのを見るって違うんですよね。

 

f:id:kengobonbei:20180211234107j:image

 

何が違うかというと・・・

テキストでは感じられない「感情」を感じられるということ。

 

テキストの信用のなさを実感しました。

 

単純に情報を得るなら、テキストで十分。

しかしですね・・・

私にとって

 

テキストに人を動かす力はない。

 

超ロジカルな人なら別かもしれませんが

少なくとも自己啓発本で「自分を変えられない人」がわんさか溢れている現状を見ると、どうやらテキストにパワーはなさそうです。

テキストで情報を得て、行動を変えるまでに至る人は何パーセントだろう。

 

もちろんみんな「自分はこの本で変わった」と主張するでしょうが・・・

それはおそらくマイナーチェンジに過ぎないし、

周りからすると何も変わって見えないでしょう。

 

そして、その影響力は動画でも大差ない。 

スティーブ・ジョブスのプレゼンしかり

ホリエモン近畿大学の卒業式のスピーチしかり。 

 

感動はするけど、生の感動に劣るのはリアルを感じないから。

どこか映画を見ているような作りものめいている気がしているから。

やっぱり動画って、その場の空気感まではそこまで再現できないし、空気感に飲み込まれることはない。

スティーブ・ジョブスのプレゼンで、

「今日、アップルは電話を再発明します」と言った時

「フゥー!!」とか言って 拍手が湧き起こりますけど・・・

血脇肉踊るけど、「その場」には飲み込まれないんですよ。

 

これが、VRだったらどうなるか分からないですけどね。

そのスピーチが「今そこにない」と分かっていても、目の前に広がる光景に

飲み込まれてしまうのでしょうか・・・。

 

まあ、いずれにしても

人はそう簡単に動かない。

人の行動は「確認作業」。

結構慎重なんですよね。

 

そのことを教師は知るべきかもしれない。

そんなに簡単に子どもに行動を促せるわけがない。

 

クオリティが多くの人に保証されているものについて

本当にそうなのか確認する作業。

 

行列のできるラーメン屋が本当に美味しいのか。

モナリザの絵は本当に素晴らしいのか。

パワースポットは本当にパワーをもらえるのか。

 

そんな感じ。

今まで、本やブログで見てきた

西野亮廣さんの思想が本物か。

覚悟は本物か。

 

そういうものを私は今日、確認したかったのかな。

 

今日の最大の収穫は

テキストで思いを伝える弱さ。

そしてその反対に

さらけ出して語る強さ

 

これは、多くの教師がおそらく使っているスキル。

 

学級通信で保護者に向けて思いを語り

教室でも子どもたちに思いを語る。

 

そのブレない姿勢が信用を得る。

 

さて、ここには書けないけど、本日の講演を聞いて思いついたことがある。

今日は記念すべき日だ。転機となる日だ。

 

革命のファンファーレは鳴った。

Learn my way#4.5

 

なんだかんだで早5回。

 

自分のあり方を見つめ直す

Learn my wayというこの会。

 

小規模ながら、

なんだかんだで毎回新メンバーが来てくださいます。

 

と言っても、今まで参加していただいた方の人数は

私とハピペンさんを抜いて10名。

 

職場や、他の研修などで出会った方に声をかけています。

そして、昨日は2回目から毎回参加してくださっているHさんが、会のコンテンツを企画してくださいました。

前回の反省を生かして、どのように会を設計しよう。

「どうしようどうしよう」と正解を考えてばかりで、告知のタイミングなども遅くなり、今回は参加者は4名。

 

さあ、しっとりした感じで始まります。

「今日は2曲聴いてもらうのですが、この2曲は、『自分がこうでありたいな』と思えるような曲なんです」と、Hさん。

 

青い付箋:「こんな人かな」と思うこと

     (どんなあり方でいるか、その人が大切にしている価値観)

赤い付箋:質問やその他感じたこと

 

おお、ここまで準備してくださるとは…

 

そして、曲が始まります。

みんな無言で聴きます。

Hさんがプレゼンソフトで作ってきてくれた

歌詞が歌のタイミングで現れます。

曲の雰囲気、歌詞の思い、Hさんがどこに自分の理想のあり方を感じたのか、考えます。

何か閃けばすぐに付箋に書きます。

 

DAFLでも感じたし、DAFLに参加されている方が

「神社やお寺に来たときのような清々しさを感じました」

とおっしゃっていたことを思い出しました。

なんだか、こういう静かで、穏やかな気持ちで集中する時間って

つくづく日常の中にないなあと思いますね。

こうした環境を1日のうちに意図的に作ることができれば

かなりリフレッシュしますね。

静かに集中する時間の確保によって、日々のパフォーマンスは

上がっていくと思いました。

生活を再設計しなきゃダメだ。

 

さて、そんなことを考えつつ、曲も終わり

「どんなあり方でいるか」を考えてみます。

私は、かなり歌詞に引きずられてしまいましたが

他の方々の感性は、すごい。

「この曲を聴いて、そんな風に感じて、そんな風にその人のあり方を推理するんだ」

と、思うことばかり。

 

f:id:kengobonbei:20180211210608j:image

 

付箋を貼りながら、対話します。

ここでの対話が面白かった。かなりプライベートな個人情報と密接に関わるので、詳細は載せられませんが…

 Hさんの過去のエピソードと紐付いたり、知識や思想と結びついたり…

出るわ出るわ。Hさんの在り方や今の生き方を選択したと思われる話が。

 

そんな話をあれこれしている時ってなんとも優しい気持ちなるんです。

「みんながんばって生きてるんだよなあ」

そんな風に感じていただけるはず。

Learn my  wayでは、相手の事情や背景、どんな経験をしてきたか、何を大事に考えているのか、「他者の核の部分」に触れることになります。

 

無意識に相手をリスペクトすることになります。

他者をリスペクトする空気感は、自己肯定感を上げ、活力も湧いてくる。

それは、相手のかけがえのない人生を追体験するから。

 

これほど刺激的なことはない。

そしてこんなに優しい会はない。

 

手前味噌ながら思ってしまいました。

 

その良さをそろそろ、いろんな人に感じていただきたいなあ、と思っています。

 

「Hさん、アウトプットどうしますかー?」

「自分の好きな曲からあり方を探ってみるのはいかがでしょう?」

 

というLINEのやりとりで、即採用、即実験。

このスピード感が好き。

参加者を運営サイドに。

 

 というより、運営も参加者もない。

お互いの人生に触れ合う会。

その場所を提供しているに過ぎないんだ。

在り方を探すのに正解なんてない。

私が考えたプログラムで運営するなんておこがましい。

やっとそう気づいた。

 

 それぞれがそれぞれのやり方で在り方を見つめる。

そうすることで、他者の世界に、人生に触れ、視野を広げる。自分の固定観念を疑う。自分の在り方や生き方を見つめ直す。

 

そして気づく。

人は、自分はその時々で、その人なりに、自分なりにベストを尽くしている

 

リスペクトの感情がじんわりと湧き上がってくる。

そうしてto beの自信をつけていく。

自己肯定感が上がる。そうして明日の活力を得る。

もっと言えば、この会って…

 

この会の価値を再確認できた。

 

Hさん、改めて昨日はありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

お金を学ぼう!

ふたせんさんの記事を読んで

 ここが変だよ! ◯◯市教育研究会 【3つの疑問提起】 - 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

やっぱりお金に対する考え方を鍛えるって大事だよな。と改めて思いました。

費用対効果を考えることや、何より・・・

自分たちが価値を生み出しているのか

信頼される投資対象なのか

数字でシビアに考えていく思考

を置き去りにしては、教育は進化しないと考えています。

 

 

 

もう今更ですが・・

こちらの本読みましたか?

 

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 今ならKindleで半額です!

 

以下、引用。

現在の経済やお金の起源、そのメカニズムを紹介してそれがテクノロジーによってどのように変化していっているのかを扱い、最後に資本主義の欠点を補った考え方として、価値を軸として回る社会「価値主義」という枠組みを提案しています。

 

どうです?ここだけ読んで、少しでもワクワクした方は絶対読むべし。

 

おお!

と新時代の風を感じますよー

ぜひ!

リーダーとは・・・

リーダーってなんでしょうね。

何がリーダーたらしめるのか。

 

リーダーの資質?

コミュニケーションスキル

カリスマ性

ロジカルシンキング

在り方

有言実行
正直さ

突破する力

GRID

GIVEの精神

信念

 

ビジネス書に書いてあることをあげればキリがない。

昨日教務会で、来年度の運動会の提案を行いました。

そこで、副校長に言われた言葉にもやもやしていました。

一言一句覚えているわけではないのですが・・・

要するに

「5月開催の運動会で、現状皆さんいっぱいいっぱいに見える。

そんな中で、子どもが主体性を発揮できる余地を残して

運営していくのはかなり難しい気がする。

一人の思いで進めてはいけないんだよ」

 

といったことを言われた気がする。

前半の状況判断はありがたいですが、後半は・・・

 

そもそも一人の思いで進めてはいけないの?

協働しなければならないことを

一人の思いだけで企画すると誰もついてこないよ。

そうすると、結局何も結果を残せないよ。

っていうことですよね。

 

しかも、今回の提案は

運動会の職員の反省も元にして、体育部で話し合ったことなのですが・・・

まあ、私の思いが9割方入ってますけどね。

 

それにしても、いつも疑問に思うのが

他業種も担当の部署の権限はここまで弱いのでしょうか・・・

 

団塊の世代が抜け、職場の平均年齢が若返り、若手の人材育成が

よく話題に出されています。

そこで、経験を積ませるために、若い人に校務分掌の○を持たせるという

風潮があるように思うのですが・・・

横浜だけでしょうか。

 

それでいて、年功序列というか、

「先輩の先生方のキャリアには敵わない」という空気もあり

担当部署の(主任の)発言権がますます弱くなり

主任は単なる雑用の取りまとめ。

もしくは御用聞きのような形で駆けずり回っている印象があります。

 

そんな中、私の提案は少し攻めすぎなのかもしれません。

 

今回の件も、もっと私に経験と実績があれば・・・

そしてもっと求心力があれば・・・

 

という思いをモヤモヤと持っていたところ

こんな動画に出会いました。


中谷彰宏氏 理想と現実を埋める為の逆転戦術~リーダーへの道を切り拓く

 

「リーダーは能力じゃないです。

スイッチを入れるんです。」

 

中谷彰宏さんは語ります。

 

「この人はリーダー向きやなあという人はいないんです。

リーダーになるためにスイッチを入れて勉強したんです。」

 

なるほど。そうかも。

私も学級委員とかやるタイプではなかったけど

教師という仕事をやっている。

 

まあ、教師=リーダーというとらえもしていないつもりだけど。

無関係ではないでしょう。

 

他にも

「リーダーは、クレームを言いに来た人に真っ先に対応しにいく人」

「映画でいうと、めちゃくちゃみんなに責められている人。殴られている人」

「どんな事態でも余裕をかます」

「ピンチになる程燃える。どM。」

などなど、すごく引っかかるパワーワード満載。

 

そして、特に「なるほど」と思ったのは

マネージャーは努力する人・リーダーは面倒くさがり

例えば、重たい大きな机を運ぶ時、人をかき集めて来たり、筋トレして体を鍛えようとするのが、マネージャー。リーダーは、机の下にキャスターを取り付けようと工夫する人。

 

マネージャーは判断力・リーダーは決断力

マネージャーは成功と失敗が6:4の時、6の方を選ぶ人。

でも、リーダーは8:2の時、2を選ぶ人。

つまり、周りが反対している中でも決断できるということ。

 

 

自分の中のリーダー像とかなり近い。

まずは、行動力→決断力を鍛えていこう。